FC2ブログ
プロフィール

レイ_パパ

Author:レイ_パパ
おそまきながら「韓ドラ」にはまり、少しばかり辛口な寸評を書いてみよーかなと思っとります。
どうぞ、よろしゅーに!!

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

一押し感謝!!

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

韓ドラのまったりブログ
「私の名前はキム・サムスン」をうっかり観てから ドップリはまった暇なおじさんのまったりブログ。
風の絵師 10話
丹青所でユンボクの為に顔料の色作りに苦心する兄ヨンボク、
ホンド ユンボクは御真画を描くため宮廷の中で同室を提供される、
ちょっと困るユンボク、ってか、

初代皇帝の御真画を見せられ、荘厳な気分になる二人、
夜、ミョンギの言葉を反芻するホンド、

その後風呂に入り大騒ぎするユンボクに唖然、実はユンボクの胸を
縛るひもをホンドに取られちゃうんだね、

正装をする王、全ての大臣が居並び、ホンド ユンボクも正装で控える、
王はホンド ユンボク以外の者を退場させる、
そして絵が描き上がるまでお前達を守るから安心しろと、
王も誰かが監視していることを悟っている、

描き始めるホンド ユンボク、
大臣一派はホンドをなんとか失脚させようと策を練る、
そして、顔料に細工することを思いつく、

王は突然、誰にも明かせぬ秘密があると言う、

風の絵師 9話
街ではホンドかミョンギかで分かれ賭が盛大に行われる、
今回の絵の競合方法は王より言葉で書かれた文章からその人物の肖像を描くというもの、
そして一番似ていた者が勝者となる、

眼鏡をミョンギに故意に踏まれ壊されてしまうホンド、
仕方なく顔をユンボクに描かせる、

終了し絵の評価をする大臣達、ホンドの絵にいろいろ難癖をつけるが肖像にそっくりな
本人が出てきて何も言えない大臣達、
結局ホンド ユンボク組が「御真画師」に選ばれる、

大商人ジョニョンはミョンギを呼び、ホンドを失脚させるから後をめんどうみろと言う、
ミョンギはもう嫌だと断るが、もっと偉い人が後押しすると、

清に帰る途中ミョンギはホンド ユンボクと道で会い、
想像も出来ない人がお前を狙っているぞと警告して去って行く、

風の絵師 8話
このような絵を描いた罰として図書署の全員も洗濯仕事をやらされる、
ホンド ユンボクもみんなにバレないよーに洗濯しているよ、

次の作品のため、女だけの洗濯場を盗み見るホンド ユンボク、
まだ落款も持っていないユンボクをからかうホンド、

王は「御真画」を描けと言う、いわゆる王の肖像画だね、
絵は競合形式で主任画家と助手の二人で一枚の絵を仕上げる、

当然ホンドは出る資格があるが、助手はまだ決まっていない、
是非、出たいと願い出るユンボク、兄を図書署に呼び戻したいかららしい、

チョンスン王后は又何か画策するため、叔父の左大臣に会いに、
どうもチョンスン王后と左大臣の一派が権力争いで王の父を殺したみたいだね、
それに関与する大商人ジョニョン、この時ユンボクの両親も殺害されたようだ、
ユンボクの父親はホンドの師匠だったよーだ、

チョンスン王后はホンドに前の事件を蒸し返されないよう、
ホンドより優れた絵師を雇うことにする、

清から来たのはイ・ミョンギという有名な画家、ホンドの好敵手だったようだ、
ビョクス図書署長に会い、ホンドなど相手にもならぬと豪語するイ・ミョンギ、
大商人ジョニョンと会いホンドには弱点があると言うミョンギ、

そして競合会は開始される・・・・・

風の絵師 7話
この二人の元に乗り込む図書署長、なんの権利があるのかね、
私的な問題なのにね、
チョンヒャンは長い髪を切って恋人ユンボクに渡す、

王の依頼の絵を描くホンド、ユンボクはまだ帰らず絵も描いていない、
翌朝王に謁見する二人、絵の良い方に夜行の玉をくれるという王、
勝敗はユンボクに凱歌が、

王は絵を大臣達に見せ、意見を聞く、
王は昼にだけ咲く花を見て、酒を呑む役人達を怠慢だ取り締まれと、
さらに次の絵で禁止された占い師の絵に右大臣の嫁が居ることに、
王は前大臣の前で謝罪しろと、王と対立する王后一派の争いが進行する、

風の絵師 6話
女性を捜しているらしいホンド、
ソ・ジンの娘ということらしい、
ソ・ジンっていうのはホンドの師匠なのかな、
今日も候補の女がくるが偽物だった、
どうもビョクス図書署長と大商人ジョニョンが関わり合っているようだ、

チョンヒャンは大商人ジョニョンに身請けされる、
ユンボクは飾り物をチョンヒャンに贈ろうとして会うが、
ホンドとの約束が迫りチョンヒャンを待たずに遊郭を去る、

ホンドと会うユンボク、国王に会うホンドとユンボク、
王は頼みがあると、人々の暮らしをこの目で見たいと言い、
ホンドとユンボに同じ題材の絵を描けという、

ユンボクはチョンヒャンの身請けを知り、ホンドに許しを得、会いに行く、
チョンヒャンは売られて行く最後のこの時ユンボクに抱かれたいと、
それは出来ないと言うユンボク、ほんとは女だからね、
私が遊女だから嫌なのかと聞くチョンヒャン。

風の絵師 5話
女だけの会場で下絵を描くユンボク、しかし、女の服がなく途中で女性を騙して
そっくり盗む、見つかり追いかけられ、ホンドと逃げるユンボク

仕上げをするためチョンヒャンに会うユンボク、って、まるで中坊だね、

図書署長の命令でユンボクをつける役人は試験に間に合わないよーに邪魔を、
後ろから頭を殴り、気絶すると下絵を盗みユンボクを井戸に投げ込む、

帰らないユンボクを探すホンド、ようやく井戸から助け出し会場に運び込む、
時間内にやっと絵を仕上げるユンボク、
図書署の発表があり、一位は優等生ヒョウォン、
がっかりするユンボク、しかし、特選の発表でユンボクが選ばれる、
しかも国王の推薦で・・・・

これが有名なユンボクの「端午風情」だね。

風の絵師 4話
医者に診せ、手は治ると補償される、安心して連れ帰るホンド、
寝ているユンボクの部屋に現れる兄ヨンボク、
ユンボクに早く絵を描かせよーとホンドが連れて来たんだね、
でも、兄ヨンボクは丹青所で苦労しているみたいだねーー、

王は明の大使と会談中で、期待できる絵を用意しますと、喜ぶ明の大使、

ビョクス図書署長はなにか訳ありでホンドを追い返そうと必死、
明大使への絵もホンドには描かなくていいと言う、

怠惰な生活を送るユンボク、連れ出すホンド、
街でいろいろ見て歩き、闘鶏で儲ける二人、少し意欲の涌くユンボク、

家に帰り壁一面に紙を貼り、絵を描き始めるホンド、つられて描き出すユンボク、
今日街で会った人々の顔の絵なんだね、生きている絵を描けと言うホンド、

実はユンボクは自分の父の死を不審に思っていて、それを探るため図書署に入ったんだね、
それをまだホンドは知らない、

次の朝、部屋の壁に張られた紙一杯に描かれた素晴らしい絵が・・・
立ち直ったユンボクは朝飯を食うわ食うわ、

王は図書署からの絵を見るが一つとして気に入らない、
そこにホンドがきて、ユンボクと描いた8枚の大作を披露する、
非常に満足し、気に入られるホンドとユンボクの絵、
ホンドはユンボクも助手をしてくれたので出来上がりました、
なので、出来ましたらユンボクを図書署に戻して頂けませんかと言う、

当然反対する図書署長、しかし、試験に受かったら考えると、
試験当日、街で題材を拾うため会場を出るユンボク、

風の絵師 3話
チョンヒャンの琴の音を聞きながら夢中でチョンヒャンを描くユンボク、
役所では手を潰す刑の道具が運び込まれセットされる、
手を台に括りつけ、上からブロック大の石を落として手を潰すのね、結構残酷。

ホンドはユンボクの絵を王に見せ、素質があるから助けて欲しいと懇願する、
王は、耳の下のほくろで王后だと気づく、

ホンドはユンボクを逃がそうとして馬の手配を友人に頼むが、
帰ってきてしまう、

チョンスン王后の派遣した役人は犯人はここに出ろ、と、
誰も出ない、ホンドに再び聞く役人、そして責任を取らされホンドが刑台に、
驚き名乗り出るユンボクと兄ヨンボク、

そこに王がきて、あの絵を王后に渡し、許してやれ、と、
そして雨乞いのお陰か雨が降り出す、王の権威かね、

兄ヨンボクは図書署を追い出される、それを知りホンドに助けてと言うが、
もう決まったことだ、お前は兄のためにもいい絵を描けと、

自責の念から自分の手を傷つけるユンボク、
たまたま通りがかりで見つけ、家に連れ帰り看護するチョンヒャン、
チョンヒャンはホンドにユンボクを助けて下さいとお願いにくる、
我が儘を言うユンボクを川に投げ込むホンド。

風の絵師 2話
生徒の前で、屏風を逆さまにしこれを模写しろというホンド、
描き方を見て犯人捜しをするつもりらしい、

「絵とは何だ、」と言う問いに模範的な解答をする生徒長、
名前は?と聞かれ余計なことまでしゃべり、しゃべり過ぎだと言われる、
「絵を描くということは」との質問にユンボクは、「懐かしさ」と答える、

絵を提出させ犯人の見当を付けるホンド、
宿題を出すホンド、答えの出せない生徒達、ユンボクだけが詭弁に近い答えを出す、

生徒たちは生徒長の誕生会で遊郭に飲みに出かける、
夜、家から抜け出すユンボク、見張っていたホンドに見つかる、
実は自分の絵を画商に売っていたんだね、

叱られるユンボク、もうお前は絵が描けなくなるかも知れないと、言われる、
つまり、お前が犯人だ、と、
失望して歩くうち、遊郭の仲間と遭遇し、飲み会に混ざる、がぶ飲みするユンボク、

現れるチョンヒャンは琴を弾く、目を奪われる生徒ら、

酔って月を眺めるユンボク、通り掛かるチョンヒャンを呼び止め
もう一曲弾いてくれと頼むユンボク、中坊のクセに生意気、

風の絵師 1話
esi_2

配役
ホンド(天才絵師)=パク・シニャン
ユンボク(ホンドの弟子)=ムン・グニョン
ジョニョン(大商人)=リュ・スンリョン
チョンヒャン(琴の名手/妓生)=ムン・チェウォン
正祖(22代国王)=ペ・スビン
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1
図書署で墨の線引きで競い合うユンボクと生徒長、
ユンボクって中坊みたいな子、でも女の子らしい、
胸にさらしを巻いて男の子っぽくしてる、女子は図書署に入れないのかもね、
試合はユンボクの勝ち、終わって仕事にかかる生徒たち、

野外写生会で、通り掛かるきらびやかな妓生に眼を奪われる生徒ら、
この日は皇帝が雨乞いに儀式をやっている、

ユンボクは大きな邸の中にいる女性を模写し始める、
しかし、この女性は王后でお忍びでこの家に来てたよーだ、
絵に描かれちゃ拙いんだよね、見つかって追跡されるユンボク、
実は王后は逢い引きしていたんだよね、それで必死で絵を描いた者を探す、

図書署の生徒だと分かり、盛大な犯人捜し、でも見つからない、
仕方なく犯人捜しをホンドに依頼することに、
図書署とホンドは以前なんか問題ありで仲違いしているよーだね、

その頃、ホンドは生きた虎を描きたくて、虎と向かい合ってるよ、
虎に追いかけられ川に飛び込み、逃げるホンド、そこに役人が迎えにくる、

街にきたホンドは気に入った絵が眼に入り見ようとするが、同時にユンボクも
手にする、絵をとりっこして破いてしまう、

弁償しろ言う店主、同じ絵を描いてやると言うユンボク、それを見ていて
手助けするホンド、ってか、

王に会い、虎の絵を披露するホンド、絶賛する王、芸術に理解あんね、
図書署ではホンドが帰ってくると知れ大騒ぎ、

屏風を持って入ってくるホンドを見てたまげるユンボク。