FC2ブログ
プロフィール

レイ_パパ

Author:レイ_パパ
おそまきながら「韓ドラ」にはまり、少しばかり辛口な寸評を書いてみよーかなと思っとります。
どうぞ、よろしゅーに!!

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

一押し感謝!!

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

韓ドラのまったりブログ
「私の名前はキム・サムスン」をうっかり観てから ドップリはまった暇なおじさんのまったりブログ。
白い巨塔 13・14
94_3.jpg


チャン側弁護士が示談書類を持ち訪れるがそこに現れるチェ助教授、
裁判を続けると意志を翻すクオン妻、「なに考えてんだチェ助教授は・・」
と呟く弁護士達。

なぜか参加しているイ教授の娘、
副院長はイ教授を呼び出しこのことを追求する。
チェの妻に面会したチャンは奥さんを説得する。
どちらも忙しいね。

さらにイ教授はオ外科学会長の世話で院長に推薦されるが、
チャンの横槍で取り消されてしまう。

第2回口頭弁論会、
証言するオ理学解剖教授、
イ教授も傍聴にきていて、チャンに会い、
何時までもやれれてばかりいられないぞ、と。

14
イ教授から細かいシフトを聞くクオン側弁護士、
ウ副院長から証言はするなと最後通知を受けるチェ助教授。
証言すればこの病院にはいられないぞ、と。

チャンは研修医ヨムに「お前にも半分の責任はあると」脅される。
第三回口頭弁論、法廷に向かう両陣営。

始めの証人は研修医ヨム、危ないながらも何とかチャン有利にこなす。
続いてチェ助教授、研修医ヨムと食い違う証言で、二人を同時に証言台に
それでも食い違うため裁判官は別の鑑定人を指名することに。

第四回口頭弁論、
原告同士の口頭弁論が主、オ外科学会長


スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://raywan.blog98.fc2.com/tb.php/611-1413189c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)