プロフィール

レイ_パパ

Author:レイ_パパ
おそまきながら「韓ドラ」にはまり、少しばかり辛口な寸評を書いてみよーかなと思っとります。
どうぞ、よろしゅーに!!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

一押し感謝!!

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

韓ドラのまったりブログ
「私の名前はキム・サムスン」をうっかり観てから ドップリはまった暇なおじさんのまったりブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テジョヨン 133話
133

対決する二人、しかし優位に立つコム、
族長がきて唐は何度も約束を破った嘘つきだと言い信用出来ないと、
そして、テジョヨンに親書を渡せといい、祝福するムクチョルの族長、

イ・ムンの元にはソル・イングィ将軍が危篤だと知らせが入る、
駆けつけソル・イングィにムクチョルと同盟を果たしたと嘘を言うイ・ムン将軍、
喜び涙を流す老将ソル・イングィ将軍、
部屋を出て泣いて詫びるイ・ムン将軍、

ソル・イングィ将軍はイ・ムンが失敗したことを見破り、
私のために嘘までついてくれたと・・・・
先帝の名を呼びながら目を閉じるソル・イングィ将軍・・・・・・・・

突如、ムクチョル軍は唐に戦争を仕掛ける、
そして、テジョヨンに援軍を出すよう要請してくる、

テジョヨンはムクチョルと唐が戦を始めたことを機に
全渤海軍を奪われた高句麗の地奪還のため動員すると言う。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://raywan.blog98.fc2.com/tb.php/1858-9a29266e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2012/06/11 11:27】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。