プロフィール

レイ_パパ

Author:レイ_パパ
おそまきながら「韓ドラ」にはまり、少しばかり辛口な寸評を書いてみよーかなと思っとります。
どうぞ、よろしゅーに!!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

一押し感謝!!

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

韓ドラのまったりブログ
「私の名前はキム・サムスン」をうっかり観てから ドップリはまった暇なおじさんのまったりブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テジョヨン 104話
104
コラン王はソン将軍を呼び、コムのことを確かめようとするが、
そこにチョリンがきて、ソン将軍を牢に、

テジョヨンの元にいるコムに反乱があったようだと伝える、
コムは私が帰ってもどうなるものでもないと、

戦闘中のコルサビウ フクストル軍、城前で戦うクムラン、
コルサビウも参加し大暴れ、そして名乗りを上げるコルサビウは
俺はテジョヨンだぁーと、不思議がるクムラン、
なぜテジョヨンかと聞く、コルサビウは自分の名を売るつもりなら
ソル・イングィ将軍の下にいたときとっくに将軍になっているよ、と言う、

コルサビウ フクストルはいいように暴れ、ヨドン城を陥落させる、
イ・ヘゴ将軍も早く勝利を収めて帰国しようと必死、

コラン王はソン将軍にコムのことを訪ねる、本当だと答える、
チョリンは反乱者を消せば誰にも解らないといい、王は同意する、

コルサビウ フクストルは勝ちテジョヨンを迎える、喜ぶテジョヨン、
ゆっくり休めと、しかし、まだ唐の本拠地アンシ城がある、と。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://raywan.blog98.fc2.com/tb.php/1834-7870c5a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。