プロフィール

レイ_パパ

Author:レイ_パパ
おそまきながら「韓ドラ」にはまり、少しばかり辛口な寸評を書いてみよーかなと思っとります。
どうぞ、よろしゅーに!!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

一押し感謝!!

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

韓ドラのまったりブログ
「私の名前はキム・サムスン」をうっかり観てから ドップリはまった暇なおじさんのまったりブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テジョヨン 22話
22
不信をはらすためヤンマンチュン大将軍の元に送って欲しいと言うテジョヨン、
そして、ヨンゲソムンがかなりの重傷であること、
刺客はヤンマンチュンが送ったと思っていること、
唐攻撃の命令を無視している、などを話すが、
ヤンマンチュンは準備の出来ていない出陣はかえって危険だと、いう、
そして用意していた手紙をテジョヨンに渡す、

ヨンゲソムンはヤンマンチュンの手紙を読みもせず燃やしてしまうんだね、
対立する両将軍、王も苦悩する、

刺客団の鍛冶やを突き止めたコルサビウはテジョヨンと襲うが、もぬけのから、
そこにナムセンも襲撃してきて刺客と間違えられてしまう、
コルサビウは捕まり拷問を受ける、
逃げるテジョヨンは暗殺者の手裏剣を拾う、チョリンが落としたんだよ、

身の潔白を証明するため、王に拝謁するために単身で行くといい、
心配する部下達が同行を願い出て、かなりの人員になってしまう、

それを知ったヨンゲソムンはヤンマンチュンが軍勢を率いて攻撃にきたと思い込む、
もう毒の影響で思考力が狂ってきているみたいだね、
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://raywan.blog98.fc2.com/tb.php/1750-116c77cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。