プロフィール

レイ_パパ

Author:レイ_パパ
おそまきながら「韓ドラ」にはまり、少しばかり辛口な寸評を書いてみよーかなと思っとります。
どうぞ、よろしゅーに!!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

一押し感謝!!

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

韓ドラのまったりブログ
「私の名前はキム・サムスン」をうっかり観てから ドップリはまった暇なおじさんのまったりブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタスティック・カップル 5話
実はチョルスがアンナの素性を知り、金をふんだくるための計画と思い込むんだね。
・・・で、大金を持った秘書がチョルスを訪れ、金を渡そうとするが、
大変な誤解に気づき、逃げ帰る。
黒板に書いてあった150の数字はチョルスの道具箱や最初に盗られた損失額で、
コン秘書はアンナの要求額だと勘違いした訳ね。
この秘書がとぼけていて面白い。

ある日、ユギョンはウエディングドレス選びをチョルスに同行してもらう。
ドレスを着た姿を見て心騒ぐチョルス、家まで送り「もし・・・」
と言いかけると、冷たく「時間はもう戻らない」と拒絶するユギョン。
婚約者がいるから強気だぜ。

アンナは以前チョルスとユギョンが付き合っていたことを聞く。
え?、え、私が恋人じゃないの? と疑問に思う。
そーだよねー、お前は俺の恋人だって家に連れてこられたんだからね。

チョルスとアンナは今日は灯台のペンキ塗り、文句を言いつつも仕事をするが
偶然、古そーな壺を見つけ大喜びする、まだあるかと欲を出し一晩泊まる。
その夜、風の音に怯えチョルスにピッタリくっついて寝ているアンナ。
結構可愛いんだよ。

ドレスまで選んだのにユギョンは破談になってしまう。
たまたま塗り残しの 灯台を二人で仕事をしているとユギョンが現れ、
わざと倒れかかり、チョルスに送ってもらう。
ここまで来たんだから具合悪くないよ、と言うアンナ。
いよいよ悪役はターゲットをチョルスに絞ったかなぁ~~
まだ自分に気がありそーだし。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://raywan.blog98.fc2.com/tb.php/149-58342e81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。