プロフィール

レイ_パパ

Author:レイ_パパ
おそまきながら「韓ドラ」にはまり、少しばかり辛口な寸評を書いてみよーかなと思っとります。
どうぞ、よろしゅーに!!

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

一押し感謝!!

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

韓ドラのまったりブログ
「私の名前はキム・サムスン」をうっかり観てから ドップリはまった暇なおじさんのまったりブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テジョヨン 121・122話
121
シンホンはイ・ヘゴがチョリンとコムに出した手紙を握りつぶし、
さらに密偵に使えと入れ知恵を吹き込む、これはマイナスかも、

シンホンはコムに密偵を放つ、しかし、裏切りを断られコムを襲うが失敗、
いよいよテジョヨンの本拠地で高句麗の建国のため、民の移動を開始する、

唐軍本部ではイ・ヘゴと同格の唐総司令官と対立する、
格下げされるイ・ヘゴ、少しも進軍しない唐軍に苛立ち、
反乱を起こすイ・ヘゴと配下。



122
唐軍の幹部将軍たちを捕らえ
唐総司令官を斬り殺すイ・ヘゴ将軍とイムン将軍、

イ・ヘゴの指揮する唐軍は民衆と共に進むテジョヨン軍に追い付く、
イ・ムン将軍はジュンサンの警備する集団を攻撃する、
女子供も皆殺しにしろと命令するイ・ムン、

反乱が則天皇帝に知れ、申し開きのためソル・イングィは皇帝の前に立つ、

コムは父イ・ヘゴの唐軍と戦う決意をする、
開戦前夜親子で会うが、分かり合えずお互い別れる、
翌朝総攻撃を開始するイ・ヘゴ唐軍、
全面にはコラン兵とコムが・・・・

スポンサーサイト
テジョヨン 120話
120
今反乱を起こしたら二度とコランは立ち上がれないと、説得するコム、
村長たちは納得し、矛を収める、

テジョヨンはコランの民衆の前で、我々もコランの皇帝の協力がなければ
建国は出来なかっただろう、
だから、協力は惜しまないと約束すると言う、

コムは自ら刀を捨てて服従を誓う、民衆もそれに倣う、

テジョヨンを危惧する配下の将軍達は様々な進言をするが、
テジョヨンは
「高句麗も百済もコランもなく、全ての民が広い地域を領し、
どの民族からも王になれるような大帝国を作り上げたいのだ」と言う、
あまりにも雄大な構想に言葉もない部下達、・・・・

一方唐王朝ではソル・イングィ将軍が則天皇帝に謁見し、
テジョヨンが建国することを報告、討伐を進言する、
高句麗討伐に参加するイ・ヘゴ将軍、
則天皇帝は戦が終わったらイ・ヘゴを殺せと、

テジョヨンの陣に唐軍が近づいたと報告が、・・・
しかも討伐総司令官はイ・ヘゴ将軍だと判明する。


テジョヨン 119話
119
イ・ヘゴとコムとチョリンを置いて出て行き、二人はここを出て行くと、
イ・ヘゴはソル・イングィ将軍を訪ねる、
病気のソル・イングィ、イ・ヘゴはまた捕まる、
テジョヨンが国を建てると言う、イ・ヘゴは俺がテジョヨンを殺すという、
そして、俺しかテジョヨンを倒せないと、

ソル・イングィはお前は信用出来ないというと、自分の眼を突くイ・ヘゴ、
唐の軍隊をイ・ヘゴに貸すと約束するソル・イングィ将軍、

テジョヨンのいる陣ではコラン軍が反旗を揚げつつある、
チョリンとコムが駆けつけると、テジョヨンを倒そうと気勢を上げる民、


テジョヨン 118話
118
ジュンサンは孫が欲しいから、コムを味方にしろと、
テジョヨンはイ・ヘゴ将軍に最後の機会をあたえる、と言い、
俺たちは新しい国を作る、お前らは俺の配下となり、忠誠を尽くせるかと聞く、

イ・ヘゴ将軍とコラン兵達は「天に誓って」と忠誠を誓う、
ミモサはイ・ヘゴを処刑しろというが、テジョヨンは恐れていてどうすると、

コムは父を助けてくれて感謝しますという、
そして、わたしも最後までテジョヨン将軍に仕えます、と

イ・ヘゴはコムにおれを助けろと、そしておれについてこいという、が、
コムは今出て行っても何も出来ません、コランの民を見捨てるのですかと、

イ・ヘゴは残るのであれば母を守ってくれといい、配下と城を逃げ出す、
忠誠を誓ったのにね、こいつはほんとに信用出来ない男だね、


テジョヨン 116・117話
116
テジョヨンはコムは俺の息子?、と、
イ・ヘゴは知っているのかと聞く、チョリンはイ・ヘゴのお陰で生きてこられたと、

ソル・イングィがコラン城を落としたと聞き、入城するトルゴル族長、
そんなさなか奇襲をかけるテジョヨン軍、食糧を焼き払い、城を包囲する、
出てきた者は皆殺しにしろ、と命令するテジョヨン、

トルゴル族長はテジョヨンに密会し、なぜ俺の兵を殺すのかと、
ここは高句麗の土地だ、侵略する者は絶対に許さないというテジョヨン、

コムにテジョヨンを説得させようとするシンホン、


117
助けを乞うコム、イ・ヘゴを助けるために来たのではないというテジョヨン、
コムを牢に入れるミモサ、
イ・ヘゴ処刑の後に攻撃を開始しろと叫ぶテジョヨン、
そして、コラン兵を釈放すれば退路を開くという、

トルゴル族長は捕虜を釈放し、撤退する、
イ・ヘゴ将軍を引き取るフクストル、
イ・ヘゴに毒の入れ物を渡し、選択しろというミモサ、
しかし、飲まずに捨ててしまう、

テジョヨン 115話
115
テジョヨンの寝室の前で頭を下げ去ろうとするコムを招き入れる、
父の元に行くという、ここを出たら敵になるぞと、
これが私の宿命です、とコム、早く行けとテジョヨン、

イ・ヘゴ将軍が立て籠もる城を攻めるソル・イングィ、
さらにトルゴル軍も参戦する、城前に布陣する敵軍をかき分け堂々と
正門から入城するコム王子、

一方、コラン王はコラン国を救うためチョリンに手紙で、
コムがテジョヨンの息子だと明かせと、

テジョヨンに会うチョリン、助けて欲しいと言うが、コムだけのために
軍隊を動かすことはできないと言われてしまう、


テジョヨン 113・114話
113
退却するイ・ヘゴ軍を渓谷で待ち伏せするテジョヨン軍、
イ・ヘゴに斬りつけるテジョヨンだが取り逃がしてしまう、

いっぽうソル・イングィはコランにむかい、降伏を勧告する、

たとえイ・ヘゴ将軍が帰って来ても大敗したことは事実だ、
もう助ける同盟軍もいないし、民を助けるために降伏するという新王、

イ・ヘゴ将軍は洞窟で体制を立て直し、ちりぢりになった兵を集めろと、
テジョヨンは執拗にイ・ヘゴを追い、山中で気づくが、・・・


114
コラン城に入るソル・イングィとトルゴル兵、
女以外はみんな殺せというトルゴル族長、約束と違うというソル・イングィ将軍、
逃亡するコム、チョリン、コラン王、

チョリンとコルサビウの話からコムがテジョヨンの息子だと知るジュンサン、
しかし、コムはコランの子だ、だからテジョヨンには言うなと、

アンシ城でジュンサン将軍と会うテジョヨン、
チョリン、コムもコランの民も連れ帰るジュンサンに礼を言うテジョヨン、

コムはテジョヨンに父を切ったと聞きましたが本当ですかと問う、
俺の民を傷つける限りイ・ヘゴは敵だと、お前を受け入れたのは
イ・ジンチュン(前コラン王)の孫だからだという、

ジュンサン将軍はコムがいなかったら流民を助けられなかった、
良くしてやってくれとテジョヨンにいう、


テジョヨン 111・112話
111
処刑寸前に何とか助けるがコムも切られて傷を負う、
そして同盟を守れずすみませんと去るコム、

ソル・イングィは今度コラン王に会い、高句麗を攻めろという、
傷ついた兵士を見て今がチャンスだと説得する、同意する新コラン王。

コムの部屋に行くイ・ヘゴ将軍、
高句麗を攻撃する準備が整った、お前はどうするというイ・ヘゴ、

実はコムの傷を確かめに来たんだね、コムは出撃は反対だと言う、
母とここを守れと出て行くイ・ヘゴ、

コランの攻撃の情報を知るテジョヨン。


112
母チョリンと話すコム、高句麗のことは全て忘れろという母、
そうします、というコム、

私の策でコラン軍を誘き出しましたというミモサ、
アンシ城前に陣を構えるコラン軍、先制攻撃をかけるテジョヨン、
大勝利をあげるテジョヨン軍、怒るイ・ヘゴ、

トルゴル軍がコランに出兵したと情報が入る、
あわてて撤退をはじめるイ・ヘゴ軍、
簡単には返さないと策を練るテジョヨン、


テジョヨン 110話
110
コムは監督官のコラン兵を間違って殺してしまう、
イ・ヘゴは殺した理由を聞くが、殺したのは事故だったと、
しかし女性を助けたのは事実だという、謹慎させられるコム、

ソル・イングィが出てきてテジョヨンに手を組めと、そして、
コランを滅ぼし、新しい国を作れと言うが、
当然今度は高句麗が狙われるはずだと、揉めるテジョヨン軍、
ミモサに策を考えさせるテジョヨン、

街々にわざと傷ついた兵士を配置するミモサ、それを見るソル・イングィ将軍、

コムはジュンサン将軍を助けようとするが、イ・ヘゴ将軍は激怒する、
チョリンも同じ考えだとイ・ヘゴに言うが、イ・ヘゴはコムの父がテジョヨンだと
いうのが問題なんだと、それを聞いてしまうコム・・・・

夜、処刑のため連行されるジュンサン将軍、後をつけるコム。


テジョヨン 109話
109
先にヨドンに向かうジュンサン達がにせ唐軍に襲われる、
が、コルサビウとクムランに助けられる、
ミモサの命で唐兵かどうか調べるため捕まえろと、

残りの流民達を引き取りに行くジュンサン将軍、
だが、流民達を奴隷にしていると民たちがいう、
全てイ・ヘゴ将軍とシンホンの仕業と判明する、

ジュンサン将軍は秘密に新王と会おうとするが、コラン軍に捕まってしまう、
こんな時、コム王子は問題を起こしてしまう、



テジョヨン 108話
108
イ・ヘゴは王を刺そうとして寝室に入るが殺せず、
王はなぜ俺を信じないのかといい、早く心臓を刺せという、

テジョヨンを信用して、なぜ私を信用しないのかと、聞くイ・ヘゴ、
さらに、コムは私の息子だ、という、
王はイ・ヘゴ将軍&チョリンが育てたが、今はコラン国の息子だと、
そしてお前はわしの身内である、
テジョヨンは客であるから、礼を尽くしているだけだと、
短刀を落とすイ・ヘゴは言葉もなく立ち去る、

すぐ後から部屋に入るシンホンはコラン王を締め殺してしまう、
国葬が終わりすぐにイ・ヘゴに即位させようと計るシンホン、

しかし、そこにテジョヨンが現れる、コラン国の問題だと迷惑がる、
が、王の遺書を私が持っているといい、コランの全家臣を集めろという、

新王にはソンマニヨン将軍を任命すると。

帰国するテジョヨンを追うイ・ヘゴ軍、しかも唐の軍服を着てね、
情報を知るテジョヨンは唐の兵のはずはないと呟く、

テジョヨン 107話
107
ヨンジュに行くテジョヨン、ヤンマンチュン大将軍の絵の前で、
国を潰すのはあっという間ですが、取り戻すのは非常に大変なことです、と。

コラン王は反乱者のソンマニ将軍他を釈放する、
後継者を決めるので就任式までいてくれとテジョヨンに頼む王、

そして、テジョヨンに遺書を渡す、

テジョヨンはミモサに、コラン王の遺書を見せるが、中は開いて見せない、
誰が後継者か知りたいというミモサに、
これはコランの内輪のことで我々高句麗の関係ないことだと、


テジョヨン 105・106話
105
アンシ城に陣を張るテジョヨン軍、城内の民は高句麗人だから
火器は使用するなと言うテジョヨン、

総攻撃を仕掛けるが、唐軍も必死で撃退し、退却するテジョヨン軍、
そんな時、アンシ城から民が出てきて、テジョヨンに会う、
どこから出てきたのかと問うが、答えない民、



106
実は罠でこの民の家族が人質に取られ、仕方なく嘘をいうんだね、
門を開けるといい、テジョヨンを生け捕りにする計画、
これを知り、その作戦に乗るテジョヨン、部下達は反対するが・・・
約束通り南門に集結するテジョヨンたち、

民と流民とテジョヨン軍と協力して攻撃を繰り返す高句麗人、
城内で、城壁で唐軍と戦う民衆たち、
やっとのことで城内に攻め入る山族長ケピルサムン、
続々と入城するテジョヨン軍、

そして、このアンシ城は高句麗のものだと叫ぶテジョヨン将軍。


テジョヨン 104話
104
コラン王はソン将軍を呼び、コムのことを確かめようとするが、
そこにチョリンがきて、ソン将軍を牢に、

テジョヨンの元にいるコムに反乱があったようだと伝える、
コムは私が帰ってもどうなるものでもないと、

戦闘中のコルサビウ フクストル軍、城前で戦うクムラン、
コルサビウも参加し大暴れ、そして名乗りを上げるコルサビウは
俺はテジョヨンだぁーと、不思議がるクムラン、
なぜテジョヨンかと聞く、コルサビウは自分の名を売るつもりなら
ソル・イングィ将軍の下にいたときとっくに将軍になっているよ、と言う、

コルサビウ フクストルはいいように暴れ、ヨドン城を陥落させる、
イ・ヘゴ将軍も早く勝利を収めて帰国しようと必死、

コラン王はソン将軍にコムのことを訪ねる、本当だと答える、
チョリンは反乱者を消せば誰にも解らないといい、王は同意する、

コルサビウ フクストルは勝ちテジョヨンを迎える、喜ぶテジョヨン、
ゆっくり休めと、しかし、まだ唐の本拠地アンシ城がある、と。


テジョヨン 103話
103
コルサビウ フクストルはテジョヨンの前で準備が出来たと報告する、
元々ヨドンは高句麗の土地だ、自由に駆け回ってこいと、

コランのソンマニ将軍の裏切りに気づいたチョリンは、
ジュンサン将軍に兵を貸してくれと依頼する、
快く快諾するジュンサンは自ら行くという、

コラン王はソンマニ将軍に、それほど王になりたかったのかと、
ソンマニ将軍はコムが誰の息子か知っているのですか、と。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。