プロフィール

レイ_パパ

Author:レイ_パパ
おそまきながら「韓ドラ」にはまり、少しばかり辛口な寸評を書いてみよーかなと思っとります。
どうぞ、よろしゅーに!!

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

一押し感謝!!

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

韓ドラのまったりブログ
「私の名前はキム・サムスン」をうっかり観てから ドップリはまった暇なおじさんのまったりブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家門の栄光 24
no24
初めて女性の部屋に入ったというスヨン、

相変わらず理屈っぽいガンソクとダナ、疲れるつき合いだねーー、
会話の半分が禅問答みたいだよ、
相変わらずお節介な同僚教授、

兄弟で同じ部屋にきているスヨン、テヨン、お互いにまだ気ずいてない、
そのうち鉢合わせするね、

ガンソクの家で両親が温泉に行き、
尋ねたダナに食事を作って貰う、

ガンソクの先輩が外国から一時帰国し会う、
ダナを紹介すると、先輩は即座にお前のほうが惚れているなと、

デソン建設の乗っ取りは早まりそうだというガンソク父、
ダナを好きになり始めたガンソクは悩み苦しむ、

スポンサーサイト
家門の栄光 23
no23
直ぐに女性の腕を掴むけどさー、なんか理由でもあるのかな、韓国では・・・・
とても見苦しいね、恋愛シーンには必ず出てくる、
あと、トイレとおんぶ、

もう一度我慢してくれとガンソクはダナにキスをする、
怒らないダナ、何故怒らないと聞くと哀しそうな顔をしていたからと、
又現れるジナの元カレ、よっぽど暇なんだね、

18年振りであらわれた、叔母チュジョンの元恋人、
会いたかったという恋人にじゃ何故あの時捨てたのよ、と、
・・・でいつも飲んだくれてたんだ、
でも、なんか怪しげな男、

急にヘジュは見合いを止めると言い出す、
学生ヒョンギュと話し合い、
俺のためにヤケを起こすなと言われたからね、

パーティーに行くためにドレスをプレゼントすると言うガンソクに、
着られないというダナ、
そして事故で肩と足に怪我の後があるという、
そんなことまで言わせて悪かったと謝るガンソク、
家門の栄光 22
no22
マルスン警官を食事に連れ出すテヨン、

スヨンはジナの元カレを初めて殴る、
カラオケでまた歌を練習するダナとガンソク、

突然、ヘジュはお見合いの相手と結婚するという、
何故だと聞く兄に、わたしが居なくなればダナと付き合わないだろうと、
そうすればヒョンギュが喜ぶと言う、

ガンソクの父親に抗議にきた会社の幹部達は散々罵る、
ダナはそれを見て驚く、

これから飲みたいので送れないというガンソクに、
罪の意識が有るからでしょうと言うダナ、
家門の栄光 21

山登りをするダナとガンソクは相変わらず難しいやり取り、
古い事故の傷が痛み出すダナ、交通事故のだね、

ジナに会いに来る元カレ、スヨンはそれを見てしまう、
ヘジュのアルバイトの店にくるダナ、ガンソク、
元カレから逃げてスヨンの車に乗るジナ、

博物館でガンソクに過去の話をするダナ、
辛すぎて誰にも話せなかったのに、
なんでガンソクに話したんだろと自分を疑うダナ、

それぞれの恋愛が少しずつ前進する、
家門の栄光 20
no20
母の金の無心に泣く入院中のマルスン警官、慰めるテヨン、

スヨンはジナにバイトを辞めないで欲しいという、
叔母チュジョンは局長の言う作品を作るという、

ヨンインが仲間から変な噂を聞いたと社長にいう、
以前倒産した会社にガンソクが一枚咬んでいたと・・・

そのお陰でガンソクの会社と提携したんだよね、
そう言えばガンソクの父親が金貸しは引退して建設業になるとかいってたね、

しょっちゅマルスン警官の元に通うテヨンってか、
お金に困って居るのに気ずき、お金を貸すことにするテヨン、

家門の栄光 19
no19
ダナとガンソクはめんどくさい会話ばかりしている、
恋でも勝負でもしておくれーー、

スヨンはホントに恋愛下手で
変わらずつまんない会話のやり取りをしている、

学生ヒョンギュはストーカーみたいにダナをつけ回す、
ヘジュみたいにね、人のこと言えるか・・・

ヒョンギュは一流会社に受かったのに、
ダナの側にいたいからと大学院に進むという、

マルスン警官とテヨンは漫才やってる、
叔母チュジョンは局長に反抗して地方に飛ばされることに・・なりそーー、

兄スヨンもジナ アルバイトにストーカーじみた行為をする、
ストカーが多いぜ、

家門の栄光 18
no18
旅行から帰りパーティを開く家族達、
段々に雰囲気が変わってくるハ宗家・・・

何か密談をするガンソク親子、「ハ家は気づいて居ないだろうな」とか言う、

社長嫁は男と女と別々に食事するのはおかしいと、
一緒に食べるべきだと、食卓で食べることに、

しかし、おかずやスープが遠くてみんなが届かない、
弟テヨンはわざとスープをこぼしたりしてるよ、
結局元に戻す、

ぐあいの悪そうなダナを、郊外に誘うガンソク、
でも、面倒な交際をしてる二人だ、

テヨンはマルスン警官が跳ねられる所を目撃し相手を追う、
入院する警官、付き添うテヨン

ジナ アルバイはスヨンを避けるようになる、
好きになりそーだからと、歳離れすぎ、
家門の栄光 17
no17
そして、妹のために君を利用したいと言うガンソク、
何故か「いいわ」と言うダナ、
ちょっと分かんない展開、ヘジュのため?

ヨンインの所に会長からの婚書の使いをする家政婦のサムォルは、
ヨンインが妊娠していることを知る、
のんべい叔母チュジョンもたまげる、

学生ヒョンギュもかなりくどいね、それにウザイ、
自分でもダナにストーカーしてんのにヘジュを叱ってる、

婚礼の儀式を行う、社長とヨンイン、伝統の儀式で荘厳な雰囲気だ、
家門の栄光 16
no16
イ家の成金ママはダナの過去を仕入れてくる、
実は結婚してそのまま海外留学に空港に行く途中事故に遭い、
旦那は妻をかばって亡くなったらしい、と、

ガンソクはその話を聞き絶対に過去の話はダナにしないでと母親に、

マンギ会長とあう社長とヨンイン、
正直にこんな旧家では全く自信が無いというヨンイン、

学生ヒョンギュはヘジュのストーカーに気ずき、
二度と付きまとうなと叱られる、
自殺を図るヘジュ、

ヒョンギュを呼び出すダナ、誤解するヒョンギュは喜んで出かけるが、
そこにはガンソクがいて、妹になにをしたんだと、

ヘジュを見舞うダナ、ヒョンギュ、ガンソク、
ヒョンギュを見て恐怖心から発作を起こし、心臓停止に、
蘇生するけどね、

マルスン警官のおとり捜査の邪魔をするテヨン、

ヒョンギュは兄ガンソクに酷いことを言って悪かったと謝る、
ガンソクは異常なほど妹思いだね、

しかし、ガンソクの両親は何故見舞わないのかね、不思議・・・
送ってきたガンソクはダナに僕とつき合いませんか?と、
家門の栄光 15
no15
社長室にくるヨンイン、
社長はヨンインが中絶の手術を受けていないことを知る、
コロっと態度の変わるソッコ社長、

イ家の家庭教師の金額が多すぎると返却するダナ、
成金夫婦は驚く、こんな人が今時いるのかと、

路上で女を殴る男を留めようとする女警官と弟テヨン、
逆に怪我をする二人、仲良く怪我のなおしっこ、ってか、

ダナはガンソクに付き合ってパーティーに行き音痴の歌を披露する、
まったく音痴を気にしないダナ、

スヨンはジナ アルバイトと映画を付き合う、

社長はマンギ会長と昼を共にし、ヨンインと結婚したいという、
しかも、子供が出来たと、

ヘジュは今日もいつもの店に、ストーカーを続けるヘジュ、

マンギ会長は家族を集め社長を結婚させるという、

家門の栄光 14
no14
ダナは個人教授に現れる、

ガンソクの自宅では相変わらずの漫才問答、
でもダナは物事の裏を考えないので
この家族が学識のないことに気ずかない振りをするんだね

社長は本当にヨンインと別れるという、
スヨンはアルバイトのジナに夢中に、歳離れすぎねェ、

ヒョンギを助けてとヘジュから電話があり、駆けつけるダナ、
酔って喧嘩をして殴られるヒョンギュ、

しかし、この学生も変だよ、教授に惚れるなんてさ、
ヘジュは突き飛ばされ怪我をする、怒るガンソク、
家門の栄光 13
no13
ガンソクが現れ驚くダナ、
あれこれ尋ねてばかりいるガンソク父、知りたくてしょうがないんだね、
なんたって家系図買おうとしてるほど上流社会に憧れてるからね、

だらしない叔母は過ってガンソクにスープをかけてしまう、

ダナはスーツを拭き取り、アイロンをかけて返すが、
まだ熱いのであとで着て欲しいと一言口を添える、
その心遣いに感心するガンソク、

ガンソク父はダナが大学の教授で、
博士号を取る論文を書いていると聞き、
早速妻の家庭教師になって貰うよう交渉する、

会長からも打診され仕方なくOKするダナ、

迎えに来るガンソク、車に乗るところを見てしまう学生ヒョンギュ、
ヒョンギュはやけ酒をあおる、
ダナはあまりにも亡き夫に似ていたので口をかけただけなんだけど、
ヒョンギュがもえあがちゃったんだよ、完全な片思い、

家門の栄光 12
no12
相変わらず漫才っぽいガンソクの家族、

娘のヘジュは学生ヒョンギュの店に入り浸り、でも幸せそう、

社長はヨンインと会わなくなる、
中絶させたことを罪だと思っているんだね、
ヨンインはワタシ捨てられたんだとかいってるよ、

ガンソクとの融資が決定する、もちろん条件付きでね、
乗っ取られる恐れがあるとテヨンは猛反対するが・・・、

マンギ会長はそれでも開発の成果は残るからと言う、
後日、調印式が行われる、

ガンソクはダナの博物館に多額の寄付をする、

ヘジュは兄ガンソクに学生ヒョンギュを悪く思わないでと言われ、
初めて兄に胸の内を明かした褒美として、
後一度だけなにをされても我慢すると、

兄スヨンはバイトのジナとはじめてコンビニでカップ麺を食べる、
食べたことがないのねと言われ苦笑いする、

家の法事が見たいと、ハ家に見学にくるガンソクと父親、
この父親は案外憎めないね、実は悪い男なんだけどね、

家門の栄光 11
no11
酒房でソッコ社長、スヨン、テヨンとガンソクと父親は宴会を催す、
遊び慣れたテヨンは大喜び、満足して帰るガンソク父子、

大学に来てダナに家系図を売れというガンソク、
命でも賭けてくれたら考えるわと言うダナ、

俺を怒らせるなと言うガンソク、

兄スヨンはアルバイトのジナに会うのが楽しみになってきている、

ダナの夫は結婚して海外留学に空港に行く途中亡くなったようだね、
墓の前で泣くダナ、

家門の栄光 10
no10
ダナと学生ヒョンギュと歩いて居るところを気にするガンソク、

自宅で見合いを壊した理由を説明するガンソクは両親と和気あいあい、
漫才みたいな家族だね、
良い味出してる父親チョンガブ

ヘジュは学生ヒョンギュのバイトする店で一日居座る、
ただ側にいれば満足みたい、

融資を受けるためガンソク達に現場を案内するマンギ社の幹部達、
テヨンはガンソクが生意気だとプリプリ、

ヨンインは中絶を決意し病院に、しかし、・・・思い留まる、

ダナはそれを知りヨンインの家に行き、食事を作らせて欲しいと、
何故なら、私の兄弟になるはずだったからという、

良い子だね、このダナっつう娘はさー、


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。