プロフィール

レイ_パパ

Author:レイ_パパ
おそまきながら「韓ドラ」にはまり、少しばかり辛口な寸評を書いてみよーかなと思っとります。
どうぞ、よろしゅーに!!

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

一押し感謝!!

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

韓ドラのまったりブログ
「私の名前はキム・サムスン」をうっかり観てから ドップリはまった暇なおじさんのまったりブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パートナー 10
NO10
今度は子供の描いた絵で状況を判断しようとする策、が、敵陣に洩れる、
誰が漏らしたか・・

調停会議で双方は言い争うが、結論に至らず、
原因は家庭内暴力行為にしぼられて・・・

ついに子供を呼んで父親が母親に暴力を振るったかを聞く事に、
子供は父親を恐れながらもママをぶっているのを見たと言う、

しかし、議員は大統領選の資金にするために、
本当は妻の親戚が持つ400億の土地が欲しいのかもね、
今離婚したら、手に入れないからね、

最後に議員は妻が酔って男に介抱されている写真を見せる、
意図的に撮影されたんだね、

妻は400億の土地はやると言う、
議員は大統領選が終わるまで離婚はしないと、イメージダウンだからね、
それでも息子と暮らせることで折り合う妻・・・

スポンサーサイト
パートナー 9
NO9
貧乏事務所に現れる兄ヨンウと大物議員、穏便に話し合おうと、
こんどは離婚問題だね、もちろん申し出を断る、

事務所の入口でやくざ風の男に財布から金を取られるハン、
どうやら父親らしいね、

ウノ、テジョ、ハンと相手方の示談協議会が始まるが、
平行線を辿り、決裂する、

テジョは古い携帯を使っているウノに新しいのを買ってやると言い、
投げ捨ててしまう、拾いに走るウノ、
携帯の中に亡くなった夫の言葉が入っていたらしい、
悲しむウノ、弱るテジョってか、

亡くなったウノの夫は財閥グループと関係がありそうな話をする祖父、
これはウノも知らなかった話のようだね、
パートナー 8
NO8
公判に証言する大物議員、格好いい発言をする大物議員、
妻の手をつねって傷を負っているのを不思議そうにみるウノ、
テジョもなにか感じたよーだ、

大物議員の奥さんに会いに行くウノ、
偶然奥さんの背中に打撲の傷があるのをみてしまう、

ウノが帰り際議員妻は2階から飛び降りる、
助けて自分の家に運ぶがテジョは、すぐ部屋を移せと言う、賢明だね、

ホテルで待つハンの部屋の前を仲良く腕を組んで通り過ぎる兄ヨンウ夫婦、
それを見るハン、実は父親が部屋を用意したんだけどね、

議員に失望するウノ、
実は議員は大学の恩師でもあるんだね、

祖父はどんな極悪人でも内面をみつめろと助言する、
ウノは議員に宣戦布告する、意外と強いウノに驚く議員、
新米で教え子だから組みやすいとみたんだね、

大物議員は兄ヨンウの事務所に弁護の依頼に現れる、

パートナー 7
NO7
何か不審を感じるテジョ、
もしや自分たちは財閥夫人を会長から引き離すために利用されたのではと・・・この思いにテジョは愕然とする、

ある日、大物議員が現れ、妻の盗癖での窃盗弁護をウノに頼みたいと、
代表はハン弁護士をパートナーにつける、

テジョは裁判が終わってから事務所には出勤してこない、
いつもの事らしいが、実は、以前の事件で亡くなった男の家の付近にきているよーだ、何があったのかね、

ようやく出勤するテジョはなぜか弱っていて、自宅に送るウノ、

大物議員の件でハンとウノ、テジョは車で同乗するが、
ハンはかかってきた電話にとても驚く、
なんか父親が出所したとか、懲役していたのかな、

ウノと接見した大物議員の妻はウノに助けて欲しいと言う、
なんかあるね・・・

パートナー 6
NO6
犯人が子供のために協力せず、子供をダシに脅しをかけるテジョ、
ウノはやり方が良くないと反対する、

次の公判は策があるのかと聞き、頑張れと
貧乏社長は責任は俺が持つと行ってくれる、

次の公判日、証言をする被告、殺人教唆が今の問題点に、
ウノの祖父と大手事務所の社長が裁判所入口でバッタリ会う、
過去になんかあったみたいだね、

証人席に座った財閥夫人の奴隷と噂される女性は、
確かに電話で誰かに殺せと命令していたと発言する、
ざわめく廷内、
ついに自ら殺人教唆を白状する財閥夫人、

パートナー 5
NO5
裁判所でウノ、テジョは争い退廷させられてしまう、
ウノは退場、
兄の証言でまた不利になる弁護組、

レストランで兄とハンと食事をしているところを見てしまうテジョ、
今まで気がつかなかったてのも変だよね、

おばさん弁護士もなんか素晴らしい特技でもあるのかなと見ていたが、
今のところただドジなだけね、

パートナー 4
NO4
次の事件は、恩になった財閥夫人からの願いで殺人を犯した男の妻が、
弁護を求めてくる、
が、弁護をはじめると途中から証言を変えてくる、

実は、子供が病気でその夫人の経営する病院に入院しているんだね、
つまり子供が人質に取られているわけさ、
困ってしまうウノ、テジョ、

突然兄の妻が事務所に尋ねてくる、何ごとかね、
そんな時、殺された妹の兄がウノを尋ねてくる、
そして妹のために証言するという、

相手側は金に糸目をつけず、次々に有利な証人を繰り出す、
こちらは軽めの弁護士とおばさん弁護士だけ、何かと不利だね、

パートナー 3
NO3
ウノとテジョのコンビは何かと上手く行かず、
自分勝手なテジョを思わず殴りつけてしまうウノ、
鼻血を出して倒れてしまうテジョってか、
なにしろおばさん弁護士はボクサーだからね、

判決は偶然の事故という判断で、無罪を勝ち取る、
まっ、殺意は全くなかったんだからね、喜ぶウノ、

テジョの兄は父の社長に敗訴を報告する、
父親は、お前は弟より弁護士としてのセンスが劣るからなと、

パートナー 2
NO2
なにか密談する大手事務所、妹殺害に関係しているようだ、
ウノは陪審裁判にするつもりで動き出す、

裁判が始まり、かなり敗色が濃い、
でも、容疑者は父親に会うと異常に怯えるが、なぜかな、

新しい事実が出る、兄は妹を好きだったと、
血はつながってないからね、

貧乏事務所の代表はヤクザの親分と親交があるみたいだ、
裁判は進み、徐々に話をし始める被告、

パートナー 1
partner2


配役
カン・ウノ=(貧乏事務所イガム)田舎出の新米弁護士
イ・テジョ=少し軽いエリート弁護士
ハン・ジョンウォン=敏腕女性弁護士
イ・ヨンウ=(最大手の事務所ヘユン)テジョ兄、
キム・ヨンス(イガム代表)
――――――――――――――――――
NO1
ボクシングの場面から、
子持ちのおばさん弁護士カン・ウノは仕事を得るため大都市ソウルに引っ越す、
祖父が裁判官だったらしく、その縁で仕事を探してくれたようだ、

少年院の悪ガキ達の更正をしていたよーで、みんなが見送りにくる、

ソウルでは、国内でも最大手の法律事務所が紹介され、
ここに入るのかと思ったら、なんか明日にでも潰れそーな事務所に入るウノ、
経営難の代表は一番難しそうな殺人犯の担当を命じ、
裁判に負けさせて、クビにしようともくろむ、
給料が払えそーもない状態なんだね、
この事務所で稼いでいるのは女弁護士のハンだけみたい、

早速先輩の軽そうなテジョ弁護士と接見に行く、
なんかこの事務所は詐欺師のあつまりみたい感じだよなぁ、

テジョ弁護士の兄は一流事務所にいるよーだね、
なぜ、テジョは潰れそうな貧弱な所にいるのかね、段々分かるかな、

弁護する犯人は妹を殺してしまったようだ、
でも凶器がガラスコップの破片、ちょっとおかしい、
カン・ウノは疑問に思う、なんか裏がありそう、

貧乏事務所の女弁護士とテジョの兄は出来ているみたいだ、
テジョも女弁護士が好きみたいだね、
ウノの性格がまだ良く分からないので今後が楽しみ、

次のUPは「パートナー」です。
partner1

次回の作品は「パートナー」です、

これは2009年の作で、子持ちのおばさん弁護士とエリート弁護士が組んで

弁護してゆく物語です。

最大手の法律事務所と弱小事務所との戦いでもあり、

とても楽しめます、

総合病院2 17 おわり
配役
ドフン=教授外科医
ハユン=司法試験合格者で研修医1年生
ジンサン=同ドジ
ヒョヌ=同秀才
ウジン=同内科女医
ドヨン=外科部長

――――――――――――――――
no17 おわり
ソン医師は初めて真相を知り、なぜ話してくれなかったのかと泣く、
病院の片隅で誓いをするキム教授とソン医師、
祝福する医師達、
仮の近いの式を挙げて手術を受けるキム教授、

ハン教授の手術は上手く行き、どうやら再発もなさそう、
医局ではそろそろ次の研修医がくるらしい、
ジンサンは教育担当となる、だいじょうぶかね、

ハユンは医療訴訟の弁護をする、
それが病院に知れ、解雇されそうになるが、
仲間の医師達が、合同会議の席で、
あれは完全に医療ミスだとハユンをかばってくれる、感激するハユン、
キム教授が退院するほどに回復する、

手術室に入るキム教授、ジンサンは縫合を完了させて、
はじめて外科医として認められるってか、
祝ってくれる仲間達・・・・
――――――――――――――――――――

「暇なおじさん」
医療物は「ポン・ダルヒ」「ニューハート」「白い巨頭」
と3本見たがこの作品は一番下、
なんか盛り上がりにかけるね、
主役のジンサンがアホすぎ・・・

総合病院2 16
no16
ハン教授の患者が手術をしないと危ない状態に、
ヒョヌは会いに行き復帰を求めるが、おれはもう辞めたのだからと、

キム教授の結果が出て、胃から大腸まで転移していることが分かり、
4期と判断される、がっくりするキム教授、

ハン教授の患者が手術を急に行うと言い、やりとげ成功させる、
キム教授はソン医師を呼び出し、結婚に自信がないと断る、

内科の医師から話を聞いたジンサンは言葉もない、
直ぐに院内中に知れ渡る、
ジンサンに知れちゃーね、

キム教授は思い切ってハン教授を尋ね、自分の手術をしてくれと頼む、

総合病院2 15
no15
屋上で話すキム教授とハン教授、
お互いに相手をライバルと意識してやってきたよーだね、
少しゆっくり休みたいというハン教授は病院を去る、

ハユン、ジンサン、ヒョヌは酒を呑む、
トイレでジンサンは倒れている女性を見つける、

直ぐに病院に運ぶが、外科部長は疲れて動けなくなる、
精密検査の末数種の病気を併発しているよーだ、
多忙すぎたんだね、

キム教授はソン医師にプロポーズを、
医師達の健康状態が見直されて全員が健康診断を受ける事に、
多忙なキム教授は最後のほうで審査を受けるが、
胃カメラで異常が発見される、

総合病院2 14
no14
ジンサンのこのわざとらしいドジさは鼻につくね、想像から外れているよ、
まっ、この演出で良いんだろーけどね、
ヒョヌはハユンにキスをする、

島民に牛を見てくれと言われ牛小屋に行くジンサン、
しかし牛よりおじいさんが倒れてしまう、
慌てて負ぶって運ぶジンサン、
ジンサンとヒョヌは仲直りをする、

ハン教授に論文について尋ねるヒョヌ、
叱りつけて立ち去るハン教授、

ハン教授は製薬会社とも癒着がありそうだなどとと噂される、
ハン教授は外科の全体会議で、今後の研究と執刀はすべて中止するという、
今回の言い出しっぺはまたもやジンサン、
無責任に何でもペラペラしゃべるやつ、



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。