プロフィール

レイ_パパ

Author:レイ_パパ
おそまきながら「韓ドラ」にはまり、少しばかり辛口な寸評を書いてみよーかなと思っとります。
どうぞ、よろしゅーに!!

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

一押し感謝!!

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

韓ドラのまったりブログ
「私の名前はキム・サムスン」をうっかり観てから ドップリはまった暇なおじさんのまったりブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大王四神記 7話
コムル村の住人もなんだか分からん、
殆ど何の特技もないのに玄武を守っているんだと、

神殿で即位式が行われるが、3部族長らは息子が拉致され、
かえされない限り出席しないと、王が人質にさらったと思っている、
実は火天会の長老の策略なんだね、

チョルロ部族だけは王の味方をして王についている、
他3部族は挙兵し王宮に迫る、

こんな時期のなか即位式は延期される、
タムドクはキハと城を出るが、ホゲと騎馬兵に捕まる、が、ホゲは逃がす、
仕組んだ火天会とヨン・ガリョは残念がる、

スポンサーサイト
大王四神記 6話
タムドクは城を抜け出しヨンの自宅へ行き、黒組選手を釈放してくれと頼む、
そして、太子の座が欲しければあげるからともいう、
まだ自分が選ばれた王だとは気が付いていないんだね、

そのヨンの邸に呼ばれるキハ、大長老が呼んだんだね、
いよいよ事を起こそうと思うと言う大長老はキハに手助けを求める、
キハは大長老に逆らえず協力することに、

ホゲは自宅で自由に火を扱うキハを見て驚く、
紛糾する部族長会議、
神殿の大神官が現れ次期王はタムドクだと宣言する、
反発する部族長とヨン・ガリョ

火天会にホゲを案内するヨン・ガリョは大長老に会わせる
そして、部族長もあわせて呼び、キハを使ってホゲが本物の王だと分からせる、
なんだか大長老と火天会の存在ってのがよく分かんないけどね、
大王四神記 5話
黄組みは反則して打球棒に鉄のシンを入れて細工する、
それをタムドクに見破られ、ホゲは公表し棄権すると言うが、
見なかったことにするから正規の棒を使え、と、
ホゲは悔しそうな顔を、しかし、スジニにタムドクの正体がバレてしまう、

最後の試合の前日、黒組の選手が何者かに襲われ三人が怪我を負う、
当然襲わせたのは黄組みのホゲだね、
手当をするタムドクはキハに手伝ってもらう、

怪我を押して出場する黒組選手、しかし持たなくなり選手交代の危機に、
控えの選手がいないんだね、
見かねたタムドクとスジニが代わりに出場する、って出来すぎだけど・・・、
落馬してバレてしまう二人、

罰せられるタムドクと黒組選手たち、
ヨン・ガリョの家に闇組織の大長老が現れ、ホゲを王にすると言う、
なぜ?というヨンにホゲが真の王だからと言う、
実はタムドクも同じ日に生まれているんだよね、
大王四神記 4話
淡々と事情を説明するタムドクに驚きを隠せないヨン・ガリョ、
もっと出来の悪い子だと思っていたんだよねーー、
息子ホゲはタムドクが母を殺したと敵視し怒りまくる、

王の毒殺を計画したホゲ母親を見破り、服毒死に追い込んだタムドクを
親の敵と考えるホゲってなんかおかしくね、

城から街に出て遊び歩くタムドク、スジニはいい鴨とつきっきり、
近々の内に「ポロ」の試合が行われ全国の貴族や部族長達が観戦にくる、
組色は部族毎に分けられているよーだ、
そこで優勝すれば名前が一度に知れ渡ることになり、部族の名誉になる、
必ず勝てと叱咤するホゲ、ホゲは黄色組で優勝候補に挙がっている、
・・・で、試合は開始される。

大王四神記 3話
キハが書物庫にいたのは神器について調べていた、
ヨン夫人は毒薬を仕入れる、用途は?

戦に出陣したホゲは勝利し凱旋する、
王は具合が悪くなる・・・と言うことは王に毒を、かい?

衰弱の酷い王の様態に心配するタムドクは、キハに病状を診て貰う、
闇の組織「火天会」で作る邪毒だと言うキハ、
タムドク王子は犯人は分かっている、むしろ早く摘発しろといっている、と、

宮廷にヨン夫人を呼ぶタムドク、そしてわざと犯人はホゲだと、
ヨン夫人はそんなはずはないと言うが、じゃ誰が王の毒殺を計ったのかと聞く王子、
逃れられないと知り、毒を飲み自殺するヨン夫人、

大王四神記 2話
この予言の日に貴族ヨン・ガリョの家に子供ホゲが誕生する、
同時にもう一人タムドクも誕生、青龍、白虎、玄武、朱雀の神器も目覚める、
神器を得ようとするヤミ組織とコムル村の民、

今の王の崩御が近づき王は弟のオジジを次期王に指名する、
ヨン・ガリョの妻は盛んに自分の息子を売り込むが果たせず、

王になったオジジは息子のタムドクに出来るだけ目立たないように生活しろと、
目立つとみんなに狙われるから、王になるまで我慢しろと言われる、

タムドクは病弱な振りをして書物のみ興味があるような素振り、
神官のキハと書物庫で良く会い親しくなる、
キハは神器 朱雀の生まれ変わりなんだね、但しヤミ組織の人間、

大王四神記 1話
四神記2

役名
タムドク=19代朝鮮の王
ギハ=スジニの姉
スジニ=神器 火の力を持つ
ヒョンゴ=神器 水を使う
チュムチ=神器 鉄を使う
チョロ=神器
大長老=悪玉
ヨン・ガリョ=王と同等の貴族
ヨン・ホゲ=タムドクのライバル
ヨ夫人=悪女
ヤン王=タムドク父
コ・ウチュン=大将軍

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1話
384年・・・って古いね、「朱蒙」の次ぐらいの年代だね、  
神のお告げで新しい村長が決まる、
何故か黒朱雀になる前に必ずスジニを殺せといって前村長は死ぬ、

そして、2000年前の神話の世界へ、
虎族の巫女カジンは火を自由に扱え、その力を振るい他民族を迫害した、
神が哀れみ神の子ファヌンを地上に送った、
しかし、ファヌンの子孫が栄えてくると虎族が攻撃してくるよーになる、
ある日カジンは背中に矢を受け一人苦しんでいるとファヌンが助けてくれる、

ファヌンの民のセオという熊族の女が虎族に立ち向かう、
果てしなく続く戦を終わらせようとファヌンはカジンから火の力を奪い、
朱雀の珠に封じ込める、
カジンはファヌンの民にして貰おうとする、
・・・がファヌンはセオを愛していた、
また虎族が襲ってくると困るのでセオに朱雀の珠を預けるファヌン、
そしてファヌンはセオに神の子を授ける、
それを見ていたカジンは嫉妬に狂い、その子を奪い崖から落としてしまう、
怒り狂ったセオは黒朱雀を生み出してしまう、
そして鎮めようと青龍、白虎、玄武を向けるが黒朱雀を殺せず、
仕方なくファヌンはセオを矢で射る、

それから2000年が経過し・・・・
偉大な王が現れる兆しの星が光始める。

次のUPは「大王四神記」です。
四神


短編の時代劇です、

かなりお金のかかった作品で映像は綺麗、

ただの史劇ではなく、SFっぽい作りです、

あまり手抜きがありませんので楽しめますよ。
風の絵師 20話 おわり
王はチョンスン王后派に宣戦布告する、

絵の勝者は引き分けとなり、大商人ジョニョンは責任を取り、
全賭け金を倍付けし、破産する、

チョンヒャンを自由の身にするユンボク、船で去ってゆくチョンヒャン、
ジョニョンはまだ秘密を握っている、それはユンボクが女性だってことね、
この頃は女が王の肖像を描くなんてタブーだったんだね、
ジョニョンは右大臣に助けを求めるが・・・、

チョンスン王后は最後の攻撃で王に女の描いた絵で復権などと戯言をと、
優位に立つチョンスン王后派、
しかし、王は王后にユンボクは男でしたと嘘をつきとうす、
右大臣の家来に闇討ちされる大商人ジョニョン、
死ぬ間際に右大臣の殺人命令書をホンドに託す、

王は危険だからユンボクを遠くに行けと、一緒に行くというホンド、
チョンスン王后は負けを悟り、右大臣と兄を地方に去らせる、


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「暇なおじさん」
父の親友とその娘が恋愛する、ということ事態が少し無理、
最後までユンボクは中坊にしか見えなかった、
確かに演技はまあまあだったけど、・・・・

風の絵師 19話
対決は開始され、題は「争闘」、
審査員達は自分らも賭に参加しているので必死で誉めあげる、
大商人ジョニョンは最後にユンボクの味方をしてユンボクの勝利を
宣言するつもりらしいね、

絵解きをするホンド ユンボク、
決め手がなく平行する評価、
しかし、ホンドはわざと手を逆に描いていて大商人ジョニョンに見つけさせる、
一点減らされる、
最後に夕日を浴びて臨場感を余すことなく発揮するホンド作品、
そこまで計算されていたのかと驚嘆する審査員たち、・・・

風の絵師 18話
王にこのことを話し、策を練ると言うホンドに気をつけてやれと言う王、
背後の先王を陥れた悪人達も探し出すというホンド、

ホンド ユンボクは大商人ジョニョンを挑発し、この時代の最高の絵師
二人の絵での対決勝負を開催させることに成功する、
もちろん絵師はホンドとユンボク、
国中が賭に狂い、大いに盛り上がる、
掛け率は殆ど五分五分でややホンドに分がある程度、
大商人ジョニョンはユンボクを勝たせる自信があると仲間の商人、
王宮の大臣などまでを賭に参加させる、

王は大商人ジョニョンのことを秘密に調べ、後援者にチョンスン王后の
兄が居ることを知る、そしてチョンスン王后も荷担していることも、

風の絵師 17話
製紙所を訪ね歩き、父の通っていた製紙所を思い出す中坊、
そこで顔に張られた紙を剥がす中坊、そして、現れた顔は・・・
大商人ジョニョンの女刺客の顔だった、

廃屋の自分の家の前で思い出にふける中坊ユンボク、
そこにきたホンドは初めて親友の子供がユンボクだと気づく、

ユンボクは大商人ジョニョンの邸でまた絵を描き金儲けの手伝いを、
父の遺言を元に書庫で絵を探すホンド ユンボクは、2枚の絵から
犯人の絵解きをする、
絵からジョニョンに殺されると読み取る、

風の絵師 16話
既に模写し終わっていた絵を王に見せるホンド ユンボク、
泣いて喜ぶ王、しかしまだ最後の輪郭が描き込んでない、
ホンド ユンボクは自分たちが描き足すから先王の顔を思い出して欲しいと、
答える王、

さらに中坊の父が最後に描いた絵も王に見せ顔が描かれて無いと言う、
なんか訳があると感じる王とホンド達、

ホンドと飲むユンボクは師匠のお気に入りの親友が、
自分の父であると確信し、徐々に昔のことを思い出す、

ユンボクは琴の名手のキーセン チョンヒャンに事実を告げるべく会う、
自分は女だと・・・・・

風の絵師 15話
そしてその絵が本人とまったく似てない部分があることに気づく、
その部分だけ写し取るホンド達、

目、鼻、口、耳、を写し取り一枚の絵にすると、
な、なんと、6人目の顔が浮かび上がる・・・って仕掛けなわけさ、
王后一派は危惧感を募らせるが、最後の5人目がビョクス図書署長なので
すこし安堵する、仲間だかんね、

やはり見せないと図書署長に断られ中坊はキーセンに女装して盗みに入る
ホンドは芸人に化けてね、
うまく絵を盗み出すが途中で発覚し5枚とも取り上げられてしまう、

風の絵師 14話
王に謁見し、先王の御真画があったはずと言われ、捜索を開始する中坊とホンド、
王はこの時大絵師(ホンドの師匠)と若い絵師(中坊の父)が何者かに殺害されたと、

画庫内で中坊は父の言葉を思い出す、そして2枚の絵を持ち出す、
大商人ジョニョンの邸で行われる模写会で絵を描く中坊、
図書署を追い出された中坊はゆくところがなく
大商人ジョニョンの私画塾で絵を描いているんだね、

当時5竹と言われる大物大臣がそれぞれ自画像を持っていることが分かる、
一人ずつ訪問し絵をみせて貰うホンド、
しかし、どこか不自然な感じを抱くホンド ユンボク、



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。