プロフィール

レイ_パパ

Author:レイ_パパ
おそまきながら「韓ドラ」にはまり、少しばかり辛口な寸評を書いてみよーかなと思っとります。
どうぞ、よろしゅーに!!

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

一押し感謝!!

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

韓ドラのまったりブログ
「私の名前はキム・サムスン」をうっかり観てから ドップリはまった暇なおじさんのまったりブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の女王 その12
とうとうゴヌにドッグはテウンだと知られてしまう、
そして病院に来たボラはインターン生に事実を聞きに、
「確かにテウンの優勝でチョングは死んだけど、テウンのせいではない」と言う。
帰り際、テウンが現れインターン生は「ハン テウン」と呼びかける、
それを見てしまうボラ。

ジムに来た母は友人のチュンシクに有名進学校に行って、
中退したことを話す、
チュンシクはショックを受ける、

また、ボラはドッグを呼び出し、・・・・
兄を殺した「ハン テウン」を見たと、
次の日また、高校に呼び、
あなたは親友なのになんで兄を助けてくれなかったの、と、
なんて兄に言ったの、と。

ドッグは俺を憎め、そしてお前は傷付かないでほしいと、
くどくど、くどくど・・・・

ゴヌは会長に呼ばれて、ボラにふられたと言う、
そこに帰宅したボラは「ハン テウン」に会ったと言う、驚く会長、

数学の公式の発表をするテウン、いろいろな意見に新鮮な刺激を
受けて興奮するテウン、喜ぶ教授。

突然ジムに現れた会長はドッグはいるか?と言う、
友人チュンシクがドッグなんて知らないがテウンならいるよ、と、


スポンサーサイト
雪の女王 その11
ボラが見に来ていて気になってKOされるドッグ、ってかい、
どーしょうもない男だね、

母はテウンに金を渡し、会長に返却しろと、
また倒れるボラ、見舞いに行ってとドッグに連絡する家政婦の娘、
行けないと言うドッグ、

会長に金を返すドッグ、これでお前と縁が切れると残念がる、
ドッグとの思い出の品を箱に詰め捨てさせるボラ、

教授に会い、数学の解答を見せるドッグ、気に入る教授は
大学で発表しろという、とまどうドッグに学んでいる者は学生だと、
そして、コンサートの券をくれる、

コンサートでボラに会い泣き、写真を見て泣き、友人と会って泣き、
うじうじ泣き続けるドッグとボラ。


雪の女王 その10
そう簡単に好きだと言うなとドッグ、
そして、母にボラが俺を好きだという、どうしようと相談する、
母は正直にすべて話せ、それでもいいというならそうしろと。

また、ジムにくるボラ、
心配でたまらないからと言う、
もうここへは来るなと言うドッグ、

ドッグは館長から新人戦に出ろと言われる、
ボクシングはなんかついでにやっているつっう感じだけどね、

ドッグの母を訪ねるボラ、
お金持ちのお嬢さんとは釣り合わないと諦めさせる母、
その様子を外で聞くドッグ、
泣きながら帰るボラ、

また聞きたいことがあると会いに来るボラ、
それを断るドッグ、

・・・と書いていると嫌になるね、この物語、・・・・


雪の女王 その9
別荘にいる会長を迎えに行くドッグ、
家の中には家族の写真が飾ってあり、そこにチョングも写っていて、
言葉の見つからないドッグ、ってか、
会長を自宅に送ってきて、門の前でボラと会うドッグ、
「一度だけ抱かせてくれ」とボラを抱き、去る、

ジムで倒れているドッグを、心配して訪ねてきたボラが発見する、
頼めないはずのゴヌに連絡し、助けて貰う、

回復したドッグは自分と親しかった親友の墓に行ったことを話す、
帰ると言うボラを食事に誘い、もう二度と会わないつもりで、
母の食堂に連れて行く、
母にチョングの妹だとそっと告げる。

会長に運転手を辞めて、勉強するつもりだと言うドッグ、
賛同してくれる会長、借金はどうしたんだっけ?
会長ははじめて「息子は自分がころしたようなものだ、友達の為に
死んだと言われるが、決っして友達のせいじゃない」という。

テウンは母に、もうボラにも会わないし、運転手も辞めたと、
当然だろ、ボラとゴヌの間に割り込んでさ、

ドッグが辞めたと聞きジムにくるボラ、
どうして辞めるのと聞くボラは、
ゴヌの為だったらもう別れたからという、


雪の女王 その8
又二人で墓に行く、ボラはドッグに実は母は生きていて墓は兄のものだと、
兄がいたことを初めて知るドッグ、
ゴヌは一晩中帰らないボラを心配するが、ドッグと一緒と感づく、

翌日海辺で戯れる二人、ってか。
なんか自然じゃないんだよなぁ~~この二人は、
無理矢理恋愛ごっこしてる見たいでさぁ、
胸がときめく感じや、ドキドキする感じが少しも伝わって来ない、

帰ってきたドッグを殴りつけるゴヌ、さらにボラと会ったゴヌは
「今、付き合っているのはいったい誰なんですか?」と詰問する。

テウンは高校時代の友人と会い飲む、
友人からどうしてこんな生活をしているんだと聞かれる、
テウンは「チョングに申し訳ないから、自分でこの生き方を選んだ・・」と。
テウンって自分が優勝したことが罪悪感として残っていて、
8年もの間だフラフラしてたんだ、
理解できない精神構造だね、自分が殺したんだと思う方がおごってねーか。

ゴヌの酒の席に呼ばれたボラ、「あなたは俺と付き合っているのか、
ドッグと付き合っているのか、それとも二股なのか」と、

大学の教授に出した算式を褒められ、算式を研究所に送ってみると、
今後の進路を聞かれ、入試試験を受けると言うテウン、

インターン生と会い、テウンにゴヌ先生の恋人は、
亡くなったチョングの妹のボラって言う子よ、と。


雪の女王 その7

ゴヌはボラの初恋の相手がドッグだったと知る、
そしてそのことを隠すボラに不安を抱く、

インターン生の初恋の相手はテウンだったんだね、
だから数学の事件で助けてくれたんだよ、
ゴヌに聞かれて、ハン・テウンのことを教えるインターン。
実はもの凄い数学の天才で、数学のオリンピックで優勝したとも言う、

テウンは母に会いに行き、その夜、泊めてもらう、
そして、好きな人が出来たら連れておいで、ご飯つくるから・・と。
テウンは母を抱きしめ、
「僕、大学に行くよ、一生懸命勉強するから・・」と。

ジムで毎年一人でキムチを漬けていたスンリ、
今年はボラも手伝うことになって、美人のボラが来たことで
男達は張り切って、ボラも楽しげ・・・
あまりの楽しそーな雰囲気に思わずキスしてしまうドッグ、
怒ってひっぱたいて去るボラ、

病院でインターン生に会ったテウン、
「チョングが死んだのはあなたのせいじゃない、苦しむのはもうやめて」と。
テウンが去った後、ゴヌとボラに会うインターン生、
ゴヌに「綺麗な人ね」と言うと、君の同級生のチョングの妹だよと、
驚くインターン生、

このことでボラは八つ当たりし、ゴヌと入った店で自分を捨てた母と会い、
妹を紹介しようとする母に当たり放題、流石のゴヌも呆れてもっと大人になれ、と。
逃げ出したボラはジムの前でうずくまって・・・
ボラはゴヌと付き合っているのに、なんでドッグに会おうとするのかねー、


雪の女王 その6
ゴヌを父親に紹介するボラ、
ゴヌはボラと結婚させてほしいと父親に言う、父の会長は了承する、
二人を祝福するドッグ・・・

会長はドッグに金銭的に援助するから好きなことをやれと言ってくれるが、
なにかある度に会長を頼ることが怖いので、今のままで良いと断る、

屋台で母と会い、食事をするテウン、
僕が大学に行ったら認めてくれるかと聞く、無言の母。

大学で、数学の教授がドッグを気に入り、ボラと3人でバスケの試合を、
ボラは動けないのでイロ仕掛けで参加、楽しむ3人、

ジムの部屋に母がきていて、ジムの館長がきて、会長の話をしていった、
でも、説得しにきたんじゃない、もう好きなことをして生きて行けばいい、
ボクサーでも運転手でもね、と言う母、

日曜日に教授に会いに行くドッグ、数学を教えて貰うが、
8年の空白が少し邪魔をする、この本を読めと貸し与える教授。
でも8年の空白を感じさせない解答だったと褒めてくれる、

スンリとボラは相変わらず対立、ドッグはボラが10年以上も病気と
戦っていると話し、友達になってやってくれと、

父の代理で起工式に出た後、怪我をして病院に行くボラ、
しかし、麻酔アレルギーで麻酔が打てない、
ボラは健気にもそのまま縫ってと言う、慌てて駆けつけるゴヌ、

ゴヌの病院に新しいインターンが、どうやらテウンの味方をしてくれた
高校の同級生の女性らしいね、


雪の女王 その5
ボラはドッグはあの時の高校生だと気づく、
しかし、ドッグは中学生がボラだとはまだ気づいていないんだね、

入院していた親友のチュンシクの退院が決まり、病院に行くドッグ、
そこで医師からボラが無筋力症だと聞く、

警察からの連絡で母を迎えに、借金のことで大家ともめていたよーだ、
テウンから預かった金を渡さなかったらしい、
テウンの現在の生活に不満を持つ母は、もう会いたくないと言う、

連絡の取れないドッグを心配してジムに来たボラはドッグに会い、
うどんを食べながら母親の話を聞く、
「8年も会わず2~3日で和解なんて無理よ」と言うボラ、
毎日でも会った方がいいとアドバイスする、

帰りぎわ、遊園地で会おうと約束する「今度は必ず来て」と言うボラ
ジムにゴヌが訪ねてくる、ボラはゴヌが好きだと思っているドッグは、
ゴヌに遊園地へ行くよう頼み込む、

またすっぽかしたドッグに怒るボラ、
傷ついたボラは自宅門前で待つゴヌに、性格の悪いワタシでも良ければ
付き合っても良いと言う、それを陰で聞くドッグ。

「今度は必ず来て」と言ったボラの言葉を思い返し、
やっとあの時の中学生がボラだと気づくおくてのドッグってか。


雪の女王 その4
ボラはドッグを良いようにこき使い、恥をかかせ、困らせる、
親友のチュンシクは心配してくれるが、
何の担保も持たない俺に3千万も貸してくれたんだから仕事はやると、

ボラはわざと悪の若者に声を掛け、拉致されそーになる、
それを助けるドッグ、
運転も出来ないのに車を動かしぶつけるボラ、
なんでこんなに困らせるのかと聞くドッグに
ボラは「お前が気に入らないから」と答える、
じゃぁ俺は辞めると言うドッグ・・・

しかし、ボラはきっちり金額分だけ働いて貰うと大学に送らせる、
数学レポート提出を忘れ、ゴヌに手伝わせようするがあっさり断られる、
メチャクチャな答案を見たドッグが書き込み提出してしまう、
教授が驚きボラを褒めまくり、次週発表しろと言う、

ドッグの仕業とみて、なんであんな問題が解けるのかと追求するボラ、
ドッグは図書館で写したと言う、一緒に図書館に行く二人。

そこで、ドッグは「雪の女王」の絵本を手にして・・・
女王がどこに住んでいるか知っているかと聞く、
「ラップランドに住んでいる」と言うドッグ
なぜ知っているのかと聞くボラ、
高校時代に家出した中学生の女の子から聞いたというドッグ・・・・


雪の女王 その3

父親が迎えに来てドッグに礼をいう、家に帰り目覚めたボラに、
たった二人っきりの家族なんだから今後は仲良くしていこうと謝る父、
だったら娘を意味も無く殴った父親はなんだったんだよー、

ボラはお礼だとジムに大量のプレゼントを運び込む。
ジムの会長の娘スンリはドッグのことが会った時から好きで、
ボラの出現があまり面白くないんだね、
・・で、酒の飲み比べで勝負をしようと持ちかける、
ベロベロに酔う二人を家に送るドッグと親友チュンシクってか、

病院の診察に出かけたボラ、担当になったお見合い相手ゴヌと会う、
どうやらゴヌは高慢ちきなボラに興味を持った模様だ。

ある日、ジムを訪ねたボラに誤って掃除用のバケツの水を掛けてしまう、
着替えを用意するドッグ、それを見たスンリは誤解し、汚い言葉を浴びせ、
つかみ合いの喧嘩になってしまう、

ボラの父親の会長に呼ばれ、自宅に行くドッグ、
助けてくれたお礼に何かしたいのでなんでも言ってくれと言う会長に、
なにもいりませんと言うドッグ、

ドッグの母親はドッグが家を出てから消息不明に、
8年もの間、探そうともしなかったんかね、

・・が最近母の姿を見かけるんだよね、必死で探すが・・・
そんな時、母親の居場所が判明する、
喜んですぐに駆けつけるドッグ、
しかし、冷たくあしらわれる、そりゃそーだよね、
ドッグは訳も言わず勝手に家を出てしまった訳だからね。

母親は3千万用意出来たら考えてやると、
テウンに都合出来そうもないよーな金額を言うわけさ・・・
困ったテウンは会長を思い出し、ボラの運転手として雇われ、
金を借りて母親に渡す。
母親は金を持ってきたからといってすぐに認めることは出来ない、
と言って追い返されてしまう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。