プロフィール

レイ_パパ

Author:レイ_パパ
おそまきながら「韓ドラ」にはまり、少しばかり辛口な寸評を書いてみよーかなと思っとります。
どうぞ、よろしゅーに!!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

一押し感謝!!

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

韓ドラのまったりブログ
「私の名前はキム・サムスン」をうっかり観てから ドップリはまった暇なおじさんのまったりブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソル薬局の息子たち 54 おわり
ソル薬局


配役
ジンブン=長男(薬剤師)
デブン=次男(浮気っぽい小児科医、少し変態)
ソンブン=三男(TV局勤務の記者)
ミブン=四男(ちょっとカマっぽい浪人学生)
スジン=弁護士()
ボクシル=謎の看護師(米国医大卒)
ウンジ=タレント(TV局長の娘)

NO54 おわり
ボクシルがいて一瞬訳が分からなくなる次男デブン、
てっきりアメリカに行ったと思っていたからね、
相変わらず腕を引っ張って引きずり回す次男デブン、
元の小児科の二階に出来た食堂で食事する二人、
そして、初めてボクシルを愛しているという、スジン

オクヒはジンブンとスジンを呼び、いつかは帰って貰うが、
今は兄ブルータス家が大変なので、手伝ってやってという、
そして兄さんが再婚して、子供たちが大きくなったらまた話し合おうと、

ヨンチョルと四男ミブンは赤ん坊ハナとスヒをラブホテルで探し出す、
内職をしながらハナを育てているスヒ、
ハナを心配するミブンに涙する二人、
悪役ミランはようやくオーディションに受かったみたい、

院長家族と顔合わせし、食事するソル家
まだ院長が気に入らなくてブツブツ文句の多い父親、
院長は一番落ち込んで居るときにボクシルに何もしてやれなかった、
そんな時世話をしてくれてとても感謝しているという、

ウンジ子供を無事出産する、
スジンは妊娠中だ、二人目かな?
四男ミブンは大学に今は入隊中だ、
ソル薬局の二階に又小児科を開業する次男デブン、ボクシル、

―――――――――――――――――――
   
「暇なおじさん」
 長い話の割にはかなりまとまっていた、
でも、同じような話を繰り返していて少し飽きる、
お母さんの暴力にもね、
良かったのは、ソル家の父親と局長の奥さん、 

スポンサーサイト
ソル薬局の息子たち 53
NO53
義母は私に遠慮せず子供の幼稚園の送り迎えをしてと、
院長の手術は上手く行く、

ヒョヌ医師の待つ空港に現れるボクシルは荷物を持って居ない、

ボクシルと院長は和解する、と言ってもボクシルが父を許すんだね、

突然、ソル薬局にくる院長はなんか探って入るみたい、
ジンブンと父親に会い、帰るが、帰り道で局長家ヨンダルと会う、
どうも知り合いらしいね、
大学の同窓会の会長をしていたよーだ、

ヨンダルはソル父を呼び三人で呑む、上機嫌な院長、
ソル父は院長をどうも気に入らないようだ、プリプリしてるよ、

どうやらタレントウンジが妊娠したよーだ、
ソル家祖父はブルータスとをくっつけよーとするが、
子持ちの再婚相手を何故私に・・と大むくれ、

オクヒは長男ジンブンスジンをブルータスの家に帰そうと相談する。
急に次男デブンのいないソル家に現れるボクシル・・・
家族中が驚き、よろこび合う、

そこに20日も傷心旅行したデブンが帰ってくる、

ソル薬局の息子たち 52
NO52
ようやくスジンが用意した松茸が届く、喜ぶ義母、
ブルータスは祖父に「秋夕」の挨拶にきて、スジンの贈り物がバレて仕舞う、

院長家では論文をデブンが頑張って仕上げている、
お茶を運ぶボクシル・・・

急病で子供の手術をするボクシル、自分が担当医だからね、
かなり危険な手術らしい、院長と一緒に手術するボクシル、

手術中一緒に立ち会うデブン、
過労で院長が倒れる、

赤ん坊ハナとスヒは帰宅しない、心配する四男ミブンは探し歩くが、・・

ソル薬局の息子たち 51
NO51
院長の家でブランコに乗るデブンとボクシル、
母オクヒは嫁たちと買い物に、ウンジは甘え上手で義母にベタベタ、
スジンは母親がいないのでギクシャクするだけ、
上手くあまえられないんだね、

局長家の夫婦が「秋夕」を迎える嫁のために季節の果物を持参する、
スジンもそれを見ながら依頼した松茸を督促しているよ、
ちょっと可哀想、

ブルータスの方はベビィシッターが派遣されず、
工場に子供ずれで仕事をしている、倒れそうなブルータス、

赤ん坊ハナとスヒも「秋夕」で母に会いに行くと出て行く、
こちらも淋しそうに・・・
そして外の出てから四男ミブンに家を出て行くと謝りのTELを、

院長の家ではボクシル1人に、そこにデブンが帰り、
ボクシルを連れ出す、

ソル薬局の息子たち 50
NO50
スジンは家族の食事の支度をして、早めに家を出る、
ソンジン、マリを連れて幼稚園への大忙し、
こんな生活が続くのかね、

三男ソンブンは義母と美術展に、すっかり気が合ってさ、

帰宅途中ソンジン マリの文房具を買いに走るスジン、

家族で始めてボクシルの母の墓をお参りする院長たち、
当然デブンも一緒ね、
院長の持っている母の写真をボクシルは欲しいと言うが、
渡さないという院長、もうアメリカに行かせたくないと・・・

ソル薬局の息子たち 49
NO49
次男デブンは背水の陣で、院長の家にゆくことにする、
ヒョヌ医師とショッピングするボクシル、

長男ジンブンは薬局を閉めると飛んで帰る、
ブルータス家では子供と3人で食事を、マリは食欲がないみたい、

院長の家でボクシルに会い、喧嘩する二人、なんであなたがくるのよ・・と、
ジンブンとスジンはまた飛んでブルータス宅へ、ソンジンとマリに会いにね

三男ソンブンは義母と詩集を読み合う、

四男ミブンは赤ん坊ハナとスヒと会って入るところを、
休暇で帰ってきた友人のヨンチョルに見られてしまう、

ちょっとしたことで喧嘩するスヒとヨンチョル、
スヒは先に帰ってしまう、
次男デブンはスジンに夜食を運び、また騒動に、

ソル薬局の息子たち 48
NO48
しかし、デブンの言い分は、自分だけが独身で、見合いまでしろと、
今は誰も女性の知り合いがいないし、
どうせ結婚するならお前ならよく知っているし、と

ボクシルは呆れて、返事も出来ない、
それがプロポーズの言葉なの?と、

病院長はデブンに自宅に来いという、そして論文を手伝えと、
病院長は持病がかなりひどくなってきているよーだ、

ボクシルの部屋に来て、何とか一緒に暮らせないかと、

ジンブンとスジンが新婚旅行から帰ってくる、

局長家の妻が手料理を作ってウンジに持たせてくれる、
いつも家族の集まりには遠慮して外に出る赤ん坊ハナとスヒ、
探しに来た四男ミブンは怒り、
うちは旅館じゃない君は家族の一員なんだと、
もっと溶け込んで欲しいと、

スジンは新婚の礼儀として、料理を持って帰るのにそれを忘れてしまう、
どうも母オクヒが荷物をジロジロみてると思ったよーー

ソル薬局の息子たち 47
NO47
式も無事終了し、部屋がないから次男デブンに出て行けと言う父、

看護師ボクシルは米国の母校に研修に行くといい、辞表を出す、

ヒョヌ医師も母校に研修に合格したといい一緒に行きたいという、
ちょっと引くボクシル、

ジンブンは新婚旅行でスジンとラブラブ、でもぎこちない二人、

デブンは家でも遂に邪魔者扱いになりつつある、
部屋の模様替えをするといい、追い出されてるよ、

病院でヒョヌ医師も一緒に行くと知り、ボクシルの自宅に押しかけるデブン、
そして、行かないで俺と結婚しないか・・・と、
今まで好きだなんて一言も言ったこと無いのにねーー 勝手な奴、
ちょっと驚くボクシル・・・

ソル薬局の息子たち 46
NO46
母オクヒはスジンを家に呼び、息子を宜しく頼むという、
スゲー変わりよう、料理もたくさん用意して出す、

祖父はブルータスと会い、スジンが結婚すると子供たちが大変だから
お前も再婚しろと勧める、が、・・・

母オクヒに身内として挨拶にくるブルータス、
母オクヒはみんな揃っているから布団だけ持ってくれば良いという、

ソル家父親は局長家に長男ジンブンの招待状を届けに来る、と、
真っ暗な局長家・・・
建築関係の父親は電気関係は得意でアッという間になおす、

ボクシルは父の病院長に韓国を離れたいという、
病院長はデブンを呼び出し、家で小児科の論文を書けと誘う、
実はボクシルの呼び止め策なんだね、

ジンブンはブルータスと買い物に、

長男ジンブンは買い物から帰り、庭で1人いる母親に、
約束していたダイヤの指輪を贈る、
そして世界一周旅行はもう少し待ってと・・・

当日、盛大に行われるジンブンとスジンの結婚式、
3兄弟での歌が大受けで、会場は盛り上がる、

ボクシルも遅れて参列し、デブンを許すという、
そして、アメリカに帰国すると・・・

ソル薬局の息子たち 45
NO45
食事時、スゲーくいっぷりの母オクヒ、薬局を開く長男ジンブン、

ソル家の父親は突然弁護士スジンを訪ね昼飯を取り、スジンの意向を聞く、
父親はスジンを自宅に食事の招待をする、

母オクヒは私は集まりに行くから食事の用意は出きないと言う、
でもさ、こんな家に弁護士が嫁に来てもうまく行かないよーな気がするよ、
子供もいるしね、でも子供をどうするのかね、前途多難・・・
相変わらず家政婦みたいにこき使うのかね、

局長家では変わらず冷戦中・・・
今度は家中停電して真っ暗だよ、

母オクヒはスジンが来るというのに外出してしまう、
祖父と父親は大喜び、でも料理が出来なくて出前取ったりしてる、

母オクヒは40年も一緒に暮らした長男ジンブンが、
他人に取られるよーな気がして寂しかったんだそー、
だからわざと家を空けたんだと、

集まりから帰ってきてソル薬局を覗き、
鼻の下を伸ばしながら笑いまくるジンブンを見て、
そんなに私から離れるのが嬉しいのとか言って泣く母オクヒ。
又良く笑うんだよジンブンがさ、



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。