プロフィール

レイ_パパ

Author:レイ_パパ
おそまきながら「韓ドラ」にはまり、少しばかり辛口な寸評を書いてみよーかなと思っとります。
どうぞ、よろしゅーに!!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

一押し感謝!!

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

韓ドラのまったりブログ
「私の名前はキム・サムスン」をうっかり観てから ドップリはまった暇なおじさんのまったりブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タムナー 21話 おしまい
配役
ボジン=海女さん
キュ=両班の島流しの息子 
ウイリアム=イギリスの貴族
カワムラ=日本の商人

no21 おわり
島で追われた旧王に会うソリン、
旧王は復讐はもう止めろと、そして島を外国に売るなとソリンに言う、

本土ではパク・キュとウイリアムが処刑されることに、
王は最後の望みを言えと、

そこにボジンがヤンと入り込み、王に命乞いをする、
ウイリアムの背中の烙印を見せ、ソリン商団の奴隷にされたと、
王は事実を知り、二人を許す、

ヤンの船は島に近づくが港に入らない、
ソリン商団の船は史房たちの官軍に攻撃され、
ソリンと参謀は資金を船を移動させるが、
大勢の海女達に船に穴を開けられ莫大な銀と共に海の底に・・・
しかし、パク・キュは参謀に切られて海に落ちる、

助けに海に飛び込むボジン、ウイリアムとヤンは長崎に向って去って行く、
その船の隅にヤン助けられたソリンがいた、
後日、県監として赴任する、パク・キュ、
――――――――――――
「暇なおじさん」
ストーリーの流れはまあまあなんだけど、
全体に漫画っぽい作りでお手軽作品、
主役の女の子がフグみたいに口をとんがらせとても面白いよ、

スポンサーサイト
タムナー 20話
no20
執議も殺され王は反乱かと大騒ぎに、
ソリン商団はヤンと会い契約を島で行うという、
その足でパク・キュとも会いボジンの伝言を伝える、

パク・キュはボジンの家の前で生きているウイリアムを見て、
お前は嘘をついていたのかと・・・・

ヤンはウイリアムと会いソリンに気を付けろという、
都を去ることにする母親達はボジンを待つが、
ソリン商団に捕まって帰ってこない、

はめられてしまうパク・キュ、
ヤンはボジンを助け出す、
牢に繋がれるパク・キュとウイリアム、

タムナー 18 19話
no18
ソリン商団に呼び出されるパク・キュ、そこにお茶を持ってくるボジン、
ボジンは秘密の倉庫のことをパク・キュに話してしまう、
パク・キュの母親がソリン商団にきて、パク・キュに二度と会うなと、
ボジンに平手打ち、

捜査に入ったが倉庫は空っぽだよ、一夜で移動したんだね、

ボジンはいったい何がしたいんだろね、
メソメソ泣いてばかりでストレスたまるなぁ

ヤン・カワムラがパク・キュを尋ねる、


no19
ヤンは契約のためソリン商団にきてウイリアムをみて驚く、
全部ソリンの仕業と知る二人、

ソリンを護衛する参謀の顔をどこかで見たと思うボジン、
ソリンもボジンの様子に気が付き参謀に尋ねるが、
見られたことはない筈だという、

今度は許嫁が世話してくれた家を追い出されるボジンと母親、
怒ったパク・キュは許嫁に結婚はしないという、

さすがのボジンも都会生活に疲れ果てタムナーに帰りたいと・・・

悪領議政が朝一番ですっとんでくる、これは大問題だね、
ソリンはウイリアムを外に出せという、
生きていたらパク・キュのせいだからね、

ボジンはソリン商団でヤンにあい、
パク・キュを殺そうとした男が居るとキュに伝えてくれと言う、
島から史房が尋ねてきて、島はいま役所ぐるみソリン商団のものとなり、
大きな港が出来つつあると話す、

タムナー 17話
no17
ボジンは両班パク・キュと会うが、
ウイリアムのことが言えず、キスをして誤魔化す、

ヤンはウイリアムが死んだと言われ契約書を捨てる、
実は無事帰国したら金が貰える契約だった、

ソリン商団に運ばれたウイリアムに会うボジン、
ウイリアムは背中に焼き印を押され商団の奴隷に、
しかし、ソリンから私の役に立てばボジンと一緒に国に帰してやるといわれる、

パク・キュは世子にどうやらソリン商団は、
何か大きな企みを抱いているようだと報告する、
しかも復讐がからんでいるかも知れないと・・・

突然、ソリン商団に世子が見学にくる、いぶかるソリン、
ボジンは棚に荷物を上げようとして、秘密部屋を探してしまう、
そこには島で献上したあわびがあり不思議がるボジン、

ウイリアムはボジンにここのことはいっさい話してはならないと釘をさす、
そうすれば一緒に国に帰れると、

タムナー 15 16話
no15
見合っただけで別れる二人、
両班キュの母親の元に売り込みにくる両班の娘達、

ウイリアムは何か王を喜ばせないと死刑になることに、
懸命に音楽を模索する、

ヤン・カワムラは東インド会社の社員としてソリンにあう、
いろいろ悪だぐみをするソリンボス、
ソリンのお抱え大臣は世子とパク・キュをソリンに会わせるよう画策する、


no16
寂しがるボジンをみかね、家族を島から呼んでくれというキュ、
早速現れる海女頭の母親、とサブボスとその娘、
パク・キュの許嫁になった女が海女たちに家を借りてくれる、
ソリンがかんでるみたいだ、

母親には海女は嫌だといい、なにか商売がしたいというボジン、
しかもかなり商売上手な子なんだね、

ソリンに呼ばれ、倉庫番にされるボジン、
ウイリアムは王の前で人形劇ハムレットをを上演し、
王の怒りを買う、普通こんなのやるかーー、
パク・キュはウイリアム殺せと命じられる、

ソリンは貿易のため外国人が欲しいと領議政に頼み、
死体としてウイリアムを牢から出して連れ去る、

タムナー 14
no14
王に呼ばれ弓の競争をしようと言われ、弓を弾くウイリアム、
しかし、的の後ろには人が縛れていて、
ウイリアムは的を当て人を射殺してしまう、驚愕するウイリアム、

ボジンはなぜか一生懸命習い事をしている、
キュは盗賊団の調査を続ける
ソリン商団のボスはなんかやりたい放題だね、
大臣を毒殺して代えたりしてるよ、

ボジンもこんな生活をするためにここに来た訳でもないだろうに、
なんで我慢してるのかな、訳分かんないよなぁ、
そんな中、ウイリアムから手紙が届き市場で逢えることに、
タムナー 13
no13
ソリン商団一味は懸命に両班キュ達を探している、
そして探し当て銃で撃ち殺そうとするが、殺すなと指令が、
ボジンは必死で知らせに戻り・・・
ウイリアムもやはりボジンの所に戻る、ヤンは諦めて長崎に、

両班キュとウイリアムは王に謁見する、
王はウイリアムを両班キュに預け様子を見るといってくれる、
ボジンは両班キュの家に連れて行かれる、

ソリンのボスは復習を開始したよーだ、

王の跡継ぎの世子が中国の清から戻ってくる、人質として行ってたみたい、
実はキュと同級生で仲良しだったんだよね、
タムナー 12
no12
陶芸家に助けられる二人、
ソリン商団の追っ手は陶芸家の元にも来るが、上手く匿ってくれる、
探しに来たボジンとヤンはやっとウイリアムに逢える、

ボジン、ウイリアム、ヤン・カワムラは陶芸家の家から去る、
長崎に向けてね、なんでもいいから早く行けよ、
両班キュにどうして欲しいんだよ、この女は・・・・

タムナー 11
no11
ヤンはウイリアムを逃がしてくれというが、キュは駄目だと、
ボジンはウイリアムに会い必ず会いに行くからと言う、

こうしてウイリアムは本土に連れて行かれることに、
置いていけばいいのにさ、なんで連れて行くんだろ、

やはり本土に行くと言うボジン、
船でばれそうになるがヤンに助けられる、
両班キュはソリン商団の一味に襲われ重症を負い、
逮捕者は口封じのため殺されてしまう、

ウイリアムも危ないところだったが辛うじて助かり、キュを助ける、

タムナー 10
no10
家に帰って来ないボジンを心配する両親、
砦で暴れるキュとカワムラは
ウイリアムとボジンが捕まってのを見て刀を捨てる、

この時現れる官軍の兵達、反乱組織は全員逮捕される、
首謀者の名前を言い始めようとした長老を撃ち殺すソリン商団、
史房は回復し、両班キュに礼を述べる、

都に帰るという両班キュにウイリアムの安否を尋ねるボジン、
少し嫉妬してそれしか聞くことがないのかと言うキュ、

海女達は両班キュの送迎会を開く、名残を惜しむ海女達、
なぜかボジンはいない、


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。